カテゴリー
未分類

ジンバル おすすめ ミラーレス

!】DJI ミラーレスカメラ用片手持ち3軸ジンバル 「Ronin-SC」, DJIがミラーレスカメラ用3軸ジンバル”Ronin-SC”を発表!! 許可番号:第304391905221. フルサイズミラーレスのおすすめブランド・メーカー sony(ソニー) フルサイズミラーレス一眼の草分け的存在. 【一眼レフ・ミラーレス用】おすすめのジンバル3選!スペック別で紹介します。 2020/02/11 2020/08/10 3min. 一眼/ミラーレス用ジンバル. アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 タンク式 デッキブラシセット SBT-512N 2泊3日~ [格安レンタル], CANON EOS Kiss X10 レンズキット 一眼レフ 1ヶ月~ [月額レンタル], 12.5型ノートパソコン 2泊3日~ Win10 OS/Core i5/SSD/webカメラ搭載 [格安レンタル], TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025) 望遠ズームレンズ (CANON EFマウント用) 1ヶ月~ [月額レンタル], Dyson Airwrap ダイソン カールドライヤー エアラップ 2週間~ [格安レンタル], Velbon 三脚 EX-440 (アルミ製/レバー式/4段/小型) 2泊3日~ [格安レンタル], Apple AirPods Pro [MWP22J/A] 2泊3日~ [格安レンタル]. 僕もずっと『FEIYU G6 Plus』を使っていますが、文句なしの優れものです。, SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM : コスパ最強のフルサイズ用標準ズームレンズ, イメージセンサーの違いがわからない?まずはフルサイズとAPS-Cの違いを抑えよう!, SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM – シグマのハイエンド望遠ズームレンズ, 【7月17日発表! ※年末年始も発送作業を行っております。 動画専用のカメラ「ZV-1」におすすめのジンバルを紹介します。僕がおすすめするのはZhiyunの「Crane M2」と言うジンバルです。このジンバルはコンパクトで軽量なのに、小型のミラーレス、コンデジ、アクションカメラ、スマートフォンまで載 ここでは初めてスタビライザーを買う方でも迷わない、スタビライザーの選び方とおすすめ機種をご紹介します。 選びのポイントスタビライザー; スタビライザー(カメラ搭載) スタビライザー(スマホ用) スタビライザー(一眼カメラ用) 選びのポイント. 動画撮影はもちろん、写真撮影する際にも、ブレに悩まされることが多いのではないでしょうか?, ジンバルは、撮影者自身が動きながら撮影する際には必須のアイテムですが、種類がたくさんあってどれを選べばいいのかわからないという方も多いことでしょう。, 今回紹介するジンバルは次の3つです(リンクを押すとそれぞれの紹介箇所へ遷移します), しょーきちジンバルの購入経験・使用経験がない方には、この中で最も価格がお手頃な『FEIYU G6 Plus』の購入をおすすめします。, ジンバル(gimbal)とは、セットしたカメラを3軸で固定して手ブレを防ぐツールです。, 動画撮影する時、撮影者がその場から全く動かない定点撮影の場合は三脚で事が足りるかもしれませんが、歩きながらや走りながら撮影する際、三脚では対応し切れないですよね。, DJIの特徴とも言えるスタイリッシュなデザインにハイスペックが合わさった「安定」「定番」という言葉がふさわしいジンバル。, Sony α7シリーズ、Panasonic GH5シリーズ、Nikon D800シリーズ、Canon 5Dシリーズなど, DJIがミラーレスカメラ用片手持ち3軸ジンバル “Ronin-SC”を発表しました。, Sony RX100/Sony a6300(16-50mmもしくは28-70mmレンズ)/Sony a6500(16-50mmもしくは28-70mmレンズ)/, Canon M10(15-45mmレンズ)/Canon G3X/Sony RX0/GoPro Heroシリーズ/54-87mm幅のスマートフォン/その他最大800gまでのカメラ, Feiyu Tech G6 Plus 3軸カメラスタビライザー 生活防水機能 OLED液晶 マジックフォーカスリング付き 800gのカメラにマルチ対応 WIFI接続 Gopro Hero7 6 5 対応 【国内正規品・日本語説明書付き・国内保証1年】, 重量の大きなカメラを持っている方にとっては助かるアイテムかもしれませんが、コンパクトなカメラしか持っていない人はもう少し最大積載量の小さいジンバルで充分かもしれません。, Zhiyun製のシリーズでいうと、Crane Plusが2.5kgまで、Crane Mが0.65kgまで耐久できます。, Sony α7シリーズ、Panasonic GH5シリーズ、Canon Eos Rシリーズ、Nikon Zシリーズなど, 【国内正規品】ZHIYUN CRANE 2フォローフォーカス対応カメラ用3軸電動スタビライザー (3.2kg荷重対応、 Canon/Panasonic/SONY/Nikon等のカメラに対応、通常メーカー1年間の保証に加え、6ヵ月間の国内延長保証サービス付き、日本電波法適合), サイズは267 x 69 x 138 mmで、重さ500gと上記のCRANE-2よりもかなりコンパクトなジンバルに。, 最大積載量は720gなので、コンパクトなミラーレスカメラや、コンパクトデジタルカメラでの撮影に最適です。, プライム会員はチャージするチャージする毎に最大で2.5%のポイントが付与されるので、ギフト券にチャージしてから購入することでさらにお得にお買い物をすることができます! 詳しくはポイント付与率や利用方法をご確認ください。, ジンバルは撮影環境への対応スペックや電力の耐久時間など、種類によって強みは様々ですが、自分の撮影環境に適したものを選びましょう。, ジンバルの使用自体がはじめての方は、そこまでのスペックが必要ないかと思いますので最も低価格な『FEIYU G6 Plus』の購入をしておけば間違いないでしょう。, しょーきち僕もずっと『FEIYU G6 Plus』を使っていますが、文句なしの優れものです。, シグマが動画撮影にオススメなSIGMA fpを発表しました。動画用のカメラを探している方必見です!また、最近発表のあったSony α7RIVも動画機として優秀でしょう。, フォトオタクではカテゴリー毎にまとめたオススメのレンズを紹介してますのでこちらも参考にしてみてください。, 20万円前後のオススメのミラーレス一眼カメラ6選。特徴や性能、オススメレンズも紹介。. 今回はこれから本格的な動画制作を始めたい方向けに「電動ジンバル」というカメラ機材についての解説と、失敗しない選び方、おすすめの電動ジンバルをご紹介していきたいと思います。電動ジンバルを導入することで、滑らかな映像を撮れるようになります。 名称:株式会社スペクトル スマホでの動画撮影で困るのが手ブレです。どんなに面白い映像も、画面が細かく揺れては見にくく感じてしまいますね。しかし、ジンバルを使えば、走っても揺れてもスマホは同じ定位置のまま。特殊なモーターが揺れを感知して、自動的に傾きを水平に保ってくれるという便利なグッズなのです。ジンバルは、車中のカップホルダーなどにも使われており、同じ構造で急ブレーキをかけても飲み物がこぼれることがありません。ここでは似たような機能を持つスタピライザーとの違いや、3軸や2軸の種類について解説し、スマホ、カメラ、GoProなど、撮影する機材に合わせた選び方もご紹介しています。スマホの高画質撮影とジンバルを組み合わせれば、プロ並みのきれいな動画が簡単に撮れますよ。, GoProや一眼レフ等のカメラをはじめとした家電レンタルサイト「モノカリ」の公式アカウントです。実際に購入して試してみた実体験に基づくカメラのレビューや家電専門家によるおすすめ商品をご紹介しています。, スマホやカメラを手で持って撮影するときに、手が固定せず動き回ることがあります。これを手ブレといい、ほとんどの人が悩まされた経験があるでしょう。これを簡単に解消できるのがジンバル。蕎麦屋のおか持ちを載せる出前機に近く、スマホの手ブレによる傾きを自動で補正してくれる便利なデバイスです。出前機は重力に任せて安定させるの対して、ジンバルはセンサーとモーターでコントロールします。, ジンバルと同じく、スマホやカメラの傾きを補正してくれる装置にスタピライザーがありますが、原理や構造は違います。スタピライザーは、重りを使い振り子の原理で重心を安定させるので、デバイス自体がかなり重いのが特徴。中には1キロあるものもあり、走りながらの撮影はかなり疲れてしまいます。ジンバルはこの重りがなく、平衡センサーによって自動でブレを調整。軽量のため片手で楽々操作でき、長時間の撮影も疲れません。, ジンバルのメリットはなんといっても、手ブレのない滑らかな動画撮影ができることです。お手軽なスマホ撮影はつい手持ちで済ませたくなりますが、ジンバルを用意することで、カメラ用の台車で撮影したようにスムーズな動画が撮れるのです。これにより、ズームインやズームアウトなどの、これまで難しかった撮り方も楽におこなえるでしょう。, 300グラム程度で、撮影時はもちろん持ち運びにも軽量のジンバルは大変便利です。小型のスタピライザーもありますが、重りがあるため持ち歩く際にもずっしりと重量を感じます。旅行にもジンバルはおすすめで、バッグやスーツケースに入れても気にならない軽さ。登山やハイキングにも楽に持っていけるため、眺めのよい景色を手ブレなくきれいに撮影できます。, 動きの支点となる軸が3つあるのが3軸のジンバルです。3軸は上下、左右、回転と、すべての揺れを感知して即座に補正。2軸との違いは、水平方向である横の揺れに対応していること。どんな動きも、ぴたっと固定されたカメラスタンドで撮影したようにスムーズな動画になります。, 3軸タイプは、走ったり乗り物に乗ったり、激しいスポーツをしたりとダイナミックな動きの撮影に適しています。スキーやスノーボードを前から撮影したり、ジェットコースターに乗りながら周囲の風景を撮ったりすると、スピード感があり鮮明な映像を取ることができます。, 2軸は、上下と回転の揺れにのみ対応しており、水平のひねりができません。このため3軸に比べて多少のブレはありますが、価格が安いのがメリットです。また、2軸はジンバルの先駆けとして、羅針盤やジャイロスコープ、ドリンクホルダーなど、常に垂直を保つ回転台として古くから使われてきたものです。, 多少のブレは気にならないという人へおすすめです。3軸タイプと映像を比べると、ぴたっと固定されてぬるぬる動く感じはありませんが、手で持つより格段にブレがなくなっています。また、人が歩いたり走ったりするリアルな感じは、2軸のほうがよく出ているようです。, 小型のスマホやミラーレスカメラ、一眼レフカメラ、ドローンなど、写真や動画撮影のためのデバイスは多くあります。使用する機器によって重さやサイズも違うため、ジンバルも適したものを選ぶ必要があります。重さのある撮影機器ほどジンバルも大きく、両手で支えるなどしっかりと持ちやすくなっています。, 気軽にちょっと動画撮影できるのがスマホ用のジンバルです。300グラム程度と軽く、コンパクトサイズで走りながらでも楽に撮影可能。小さい撮影機ほど体に密着して動きやすくなるため、軸は3軸がおすすめです。垂直、水平、回転とすべてのブレを吸収してくれる、小さくて片手で持てるサイズが使いやすいでしょう。スマホ用は持ち手も細く、スマホと一緒に持ち運びやすいものが多く見られます。, カメラ用のジンバルは、スマホ用と比べて重たく頑丈です。コンパクトで軽いミラーレス用、重量のあるカメラ用、一眼レフ用など、カメラタイプで最大積載量も変わってくるので自分のデバイスを確認しましょう。ミラーレス用は1.8キロまで、一眼レフ用は3.6キロまでが目安で、2倍の差があります。一眼レフ用は両手でしっかり支えられるような構造のものもあり、縦グリップ型より安定しています。, アクションカメラのGoProこそ、ジンバルを使えばブレのない滑らかな迫力の動画を簡単に撮影できるでしょう。手ブレ補正機能のあるGoProもありますが、撮影後の処理によって手ブレがないように見せているため限界があります。やはりジンバルを使って、元の映像自体をきれいに撮る方がよく仕上がります。GoPro用の激しい動きに対応した3軸タイプのジンバルがおすすめで、GoPro社から出ている純正品は、挙動も安定しスムーズな撮影が可能です。, ジンバルにはいくつか収納方法があり、持ち運ぶ際のサイズも変わってきます。移動に適した折りたたみ式や、一つ一つのパーツを丁寧に収納するハードケースなどがあるため、使う目的や行く場所によって適切なものを選びましょう。, コンパクトに折りたたんでソフトケースに収納できるタイプのジンバルは、頻繁に旅行へ行く人におすすめです。折りたたみ式は軽量化されており、持ち運びも楽。また、飛行機など荷物の重さに制限がある場合などにもおすすめです。たたむと手のひらに収まる大きさの3軸タイプもあり、スマホと一緒にバッグへ入れておきやすいサイズも見られます。, 一眼レフなど重量のあるカメラ用のジンバルは、専用のハードケースやソフトケースが付属しています。しかし、大きさによってはカメラと一緒にカメラバッグへ収納できる場合もあります。カメラバッグは中に多くのクッションや収納部屋があり、レンズや本体、周辺機器を衝撃のないように持ち運べるようになっています。撮影旅行へ出かける際はできるだけ荷物を一つにまとめたほうが便利なので、カメラバッグのサイズを見て収納しやすいジンバルを選ぶのもおすすめです。, 中国に本拠地を置く、世界的なカメラ周辺機器メーカーのDIJ。2006年に設立されたまだ新しい会社ですが、映像関連会社から大きな信頼を受けています。プロ御用達のデバイスが多く揃い、ジンバルもドローン用やカメラにジンバルの機能がプラスされたものなど新しい製品を提供しています。, ZHIYUNは中国発祥のスタピライザーメーカー。業界で大きなシェアを占める信頼のある企業です。最近はスマホ用のジンバルを中心に開発しており、ミラーレスカメラも取り付けられるコンパクトタイプのジンバルが見られます。, 一眼レフなど重量のあるカメラ用のジンバルが豊富に揃うMOZA。3軸の片手で扱えるタイプや、両手でしっかりグリップできるデュアルハンドタイプなど、撮影の目的や使用機器によって最適なものが見つかります。どれもコスパに優れており、価格以上の満足感が得られます。, 家電量販店などでリーズナブルに購入できるジンバルが揃うメーカー、Feiyu Tech。特徴はジンバルの種類が豊富なことで、スマホ、ミラーレスカメラ、一眼レフ、GoProなど、あらゆる撮影機に取り付けられる品が見つかります。防水タイプも充実しており、アウトドアやスポーツに適したジンバルを気軽に量販店で試すことができます。, 特徴のある小型のスマホ用ジンバルを中心に提供しているメーカー、SNOPPA。折りたたむとスマホと同じ大きさになるミニサイズのジンバルが多く、USB充電や三脚もついたアイデア商品が見つかります。カメラバッグにもちょっと入りやすい、軽量のコンパクトさが魅力です。, 1万円程度で、デザインのよいコンパクトタイプのジンバルが見つかるのがhohemです。スマホやミラーレスなどの小型撮影機を中心にして、持ち運びやすさにもこだわりが見られます。すっきり小さく収納できるケースもついて、旅行など移動の際にもスーツケースに収まりやすい長方形にまとまります。, GoPro用のジンバルKarma Gripです。多くのGoPro機種に対応しており、カメラが水平に保たれ安定した撮影が可能。手元で電源のON、OFFや撮影開始の操作もできるため、動きの激しい撮影に適した仕様となっています。, 気軽に片手でハンドルを握り、GoProで撮影したいという人へおすすめです。アクティブ用で様々な場所に取り付けることが前提のGoProですが、このジンバルを使うことで自分を撮ったり動きのある被写体を追いかけて動画撮影をすることが可能。GoProの使い方が広がり、アクション撮影のレベルを上げてくれるジンバルです。, アクションカメラ用のジンバルで、防滴機能が高いアウトドアに最適な商品です。片手で持ちやすいハンドル式で重量は、351グラムと軽いため扱いが楽。GoPro Hero 、Sony RX0, SJCAM, YI camなど、150g以下のアクションカメラに取り付けられ、雨の日でも湿度の高い場所でも動作可能な生活防水タイプです。, 雨の日や海、湖など水辺の撮影におすすめのジンバルです。600°のパンローテーションでは360°のパノラマ撮影が可能。また、パンフォロー、パン&チルトフォロー、オールロック、フォローの4つの撮影モードを搭載しており、自由度の高い動画が撮れるのも大きな魅力です。, スマートフォン用のジンバル、Osmo Mobile。軽量でコンパクトサイズに加えて専用のポーチも付属しているため、持ち運びも便利です。高機能な撮影モードを使用すれば、被写体を自動で追尾して撮影することも可能。, 時間を早回しするモーションタイムラプス動画に最適なジンバルです。カメラは動かさずに固定して撮影を行うタイムラプス撮影ですが、カメラを一定の速度で動かしつづける、難易度の高いなモーションタイムラプス撮影も簡単におこなうことができます。, 小型カメラとジンバルが一体化している便利なデバイスです。特徴はその小ささで、全長約12センチ、重さ116グラムと手のひらサイズ。リュックやバッグにすっと納まり、収納も場所をとりません。持ち手に画面が付いている、機能的ですっきりしたデザインです。, 登山やハイキングに最適な小型カメラです。小さく軽量で荷物にならないのは、登山者にありがたいデバイス。山頂でのパノラマ映像や、時間を凝縮したモーションラプスなども簡単に撮影可能。また、視野角も広くF2.0の絞りを搭載。FPVモードやアクティブトラックで、スリリングな動画や構図のよいスナップ写真も簡単に撮影できます。, スマホ用の3軸手持ちジンバルです。多くのiPhoneやAndroidに対応しており、GoProも取り付けられます。ズームインやアウトが簡単におこなえる、ハンドホールを手元で操作可能。三脚があるため、一定位置での動画撮影もしやすくなっています。, お子さんの運動会に最適なジンバルです。550グラム程度と軽くて値段もリーズナブル。手持ちのスマホにさっと取り付けられて、最大12時間バッテリーが持ちます。専用ケースもしっかりしており、それぞれのパーツを丁寧に収納できます。, 最大18センチ伸びるロッドが付いており、自撮り棒にもなるジンバルです。シンプルデザインの簡単操作で、電源オンオフや撮影モードの切り替えなどの操作も手元でワンタッチ。高いところからの自撮りも楽々おこなえます。, スマホの自撮り用に最適なジンバルです。特にインスタグラムユーザーにはおすすめで、アプリにより連動しているのが特徴。431グラムと軽くスマホと持ち歩きやすい大きさなので、インスタ用の映像を撮るために持ち歩きやすいコンパクトな一品です。, ミラーレスカメラに特化した、片手持ち3軸ジンバルです。軽量設計で優れた手ブレ補正機能を搭載。アルミニウム合金からなる頑丈なボディはわずか1.1キロ。積載量は2.0キロと重く、幅広いミラーレスカメラとレンズに対応しています。, お手軽なミラーレスカメラでプロレベルの撮影をおこないたいという人へ最適です。ミラーレス専用となっていますが、一眼レフにも対応しているので、より大型で重量のあるカメラにも取り付けられます。バッテリーも11時間稼動するため、長時間の撮影にもおすすめです。, スマホと無線で通信可能で、Gセンサーでのデバイス制御が可能です。スマホも同時に取り付けられるような構造になっており、HDワイヤレス画像転送機能があるため、スマホ、タブレットなどの端末をSLRモニターとして使用できる便利な設計になっています。, 撮影した動画を、即座にスマホでチェックしたいという人へおすすめです。撮影した動画を確認して、3軸動作を細かく調整することも可能。ほかにもスマホ側で絞り、シャッター、ISOなどのパラメータ調整が楽におこなえるため、撮影の微調整をしやすいジンバルです。, プロユースのデジタル一眼レフカメラや、小型シネマカメラまで搭載することができるこだわりの映像が撮影できるジンバルです。0.3kgから最大4.2kgの積載量に対応し、小型のミラーレスも取り付け可能。カメラのバランスを自動調整し、ジンバルのリモートやフォロー制御はもちろん、高精度なモーションタイムラプス撮影も自在にできる優れたジンバルです。, 自主制作映画におすすめのジンバルです。プロの映像撮影に適した高度な機能を持ちながら、コンパクトで持ち運びも楽々。連続16時間駆動するバッテリーで、長時間の屋外撮影も可能です。映像プロダクションのニーズにも対応するため、こだわりの映画がお手軽に制作できるでしょう。, 両手持ちに対応している、一眼レフ対応のジンバルです。片手、両手と状況に応じて変えることができるため、様々な撮影シーンに対応可能。250グラム~2,500グラムの積載量に対応しており、3軸のブレない滑らかな動画を撮ることができます。, 様々な持ち方ができるジンバルを探している人に最適です。組み立ても簡単で、バランス調整も電源を入れると自動でおこなってくれるため、手間いらずで撮影開始。マイクやライト、アクションカムを付けての同時2台撮影も可能です。, カメラ用の3軸ジンバルで、スマホアプリと連携させて簡単コントロールが可能です。高度な映像認識システムにより、精度の高いトラッキングがスマホ画面から指先でおこなえます。また、カメラ移動操作を保存して、同じ設定で再度撮影することもでき、インターバルや撮影枚数、撮影時間、タイムラプスの設定も記憶できる性能の高い一品。, 同じ場所や設定で何度も撮影したいという人へおすすめです。野生動物や風景を撮るには、一定の位置で長時間に撮影することが必要。自動で被写体の構図を作ってくれたり、時間の設定をスマホから簡単操作できるのは大変便利です。, 2軸のドローン専用ジンバルです。超軽量で重さは108グラム。離陸に負担がかからず、安定した撮影が可能です。丈夫なアルミニウム合金で、精度の高いセンサーを搭載。空中からブレのないきれいな映像を撮影することができます。, ドローンの空中事故が気になる人へおすすめです。高品質のブラシレスPTZコントロールパネルにアップグレードすると、電源の逆極性保護やカウンタの電源を増加させることができ、空中の思わぬアクシデントによる電源オフを防ぎます。, 撮影の手ぶれを補正してくれるジンバルをご紹介しました。おすすめはポケットサイズのDJI、Osmo Pocket。ジンバルの先端に小型カメラが付いているため、カメラという意識がありません。登山やハイキングにも最適な超軽量で、ポケットにも楽に収まります。パノラマ映像はもちろん、ミニサイズで昆虫や植物などミクロの世界の撮影も簡単に可能です。, 店舗:東京都中野区弥生町2-27-5 天野ビル202号室 ミラーレス一眼カメラ用のジンバルが欲しくなって購入しました。PilotflyTravelerという製品なのですが、これがまた良い仕事してくれます。α6400シリーズを持っててジンバル撮影したいなという人は参考にして頂けたらと思います。ものすごく楽しいですよ。 … ジンバルはカメラを軸として機械式ジャイロの剛性により自律制御を可能にし、手ブレを圧倒的に抑えることができる機械です。 正式名称は「3軸電動ブラシレス・ジンバル」と呼ばれています。 このようにまっすぐに起こした状態や、 ぐいっと前に突き出しても、レンズの向きは一切変わりません。また横にぶんぶん振っても水平にぬるぬる動きます。 なんのことやらさっぱりわからない・・・という方には動画を見てもらうのが … 一眼レフカメラに比べて、小型・軽量な「ミラーレス一眼」。最近ではハイエンドから入門機までさまざまなタイプが発売され、選択肢が広がっています。そこで今回は、入門機としても手頃な5万円以下で買えるおすすめのミラーレス一眼をご紹介します。 4 点. BB@Yさん. Copyright © モノカリ 2020 All rights reserved. 2021年1月2日~:通常通り営業, 古物営業法に基づく表記 人気のミラーレスカメラ、ソニー「α6400」との相性もバッチリなので、今回はその組み合わせで使用しています。小型カメラの機動性を活かせる、小型軽量ジンバルの組み合わせの使い勝手やいかに? 2020年12月31日:11:00~12:00迄(12:00以降の予約は翌日出荷) . 12日19時より『スターレジェンドガチャ』が開催!今回は 確定枠がクリスマスキャラとなる『クリスマススタレ』 で、同時に復刻されるクリナルメアなども含めた9キャラが対象となっている。 また、ボーナスアイテムに耳飾り追加や金剛晶などの排出率調整なども実施された。 Ronin-Sとは、一眼レフやミラーレスカメラ用に設計された片手のカメラジンバルになります。 通常、手持ちで一眼レフカメラを使って撮影するとどうしても『手ブレ』が起きてしまいます。 まとめ おすすめのミラーレス一眼対応のジンバル . 積載重量が最大1.2kgなのでミラーレスもOK。発売が比較的新しいジンバルなのでスペックは他のジンバルと一線を画します。 フルサイズミラーレス機での使用も想定しているので本体は若干重め。コンデジ用と考えると重いのが気になります。 ※年末年始の営業時間 ミラーレスカメラ用ジンバルはどのメーカーでも価格が高めになっていてなかなか手を出せないものでした。 でも、FeiyuTechのミラーレスカメラ用ジンバル「MG V2」であれば約10万で購入することが可能なので、以前よりも手が届きやすくなってきています。 [10万円以下のジンバル選び]Vol.01 一眼レフやミラーレスに最適な小型電動ジンバルの現在 | txt:飯田雄平、編集部 構成:編集部 手軽になったジンバルたち 2018年7月、ドローンでお馴染みのDJI社からも、一眼レフやミラーレスクラスのカメラ向け片手ジンバルのRONIN-Sが発売された。 Ronin-Sとの違いを比較しつつ、性能や価格、発売日を紹介。, シグマ (SIGMA)のおすすめレンズをシーンや目的別に徹底紹介【2020年最新】. コンパクトで持ち運びやすく、初心者にも最適な「ミラーレス一眼」。デザイン性に優れたモデルも多く販売されているので女性の方にもおすすめです。そこで今回は、おすすめのミラーレス一眼をご紹介。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてみてください。 クチコミ投稿数:646件 Goodアンサー獲得:32件. スマホやカメラで映像撮影をする際、ジンバル(スタビライザー)を使用すればブレのない美しい映像を撮影することが可能です。この記事では2020最新のおすすめジンバル製品を10選ご紹介 … 2021年1月1日:14:00~17:00迄 ジンバル2020最新のおすすめモデルを5選ご紹介しています。ジンバルがあれば普段の動画撮影が一気にプロのような仕上がりになります。 STORE >> STORE; ドローンとテクノロジーの総合情報サイト. sony. ジンバルはプロ並みの動画撮影をしたいと考えている人におすすめです。DJIやZhiyunなど多くのメーカーから出ていて、スマホや一眼レフ用などがあります。ここではジンバルの選び方や、おすすめの商品を紹介するので、購入するときの参考にしてみてください。 © 2020 LANY Co., Ltd All rights reserved. ミラーレスカメラに特化した、片手持ち3軸ジンバルです。軽量設計で優れた手ブレ補正機能を搭載。アルミニウム合金からなる頑丈なボディはわずか1.1キロ。積載量は2.0キロと重く、幅広いミラーレスカメラとレンズに対応しています。 一眼/ミラーレスカメラ専用スタビライザー Canon、Sony、Panasonic、などのメーカーに幅広く対応し、 絶妙なサイズ感とコストパフォーマンスが魅力。 「スタビライザー」は手ぶれを抑えることで高精細な撮影を実現するカメラアクセサリーです。種類が豊富なため初めての方はどれを買うべきか迷ってしまうこともあるでしょう。今回はスタビライザーの選び方を踏まえた上でおすすめの機種をご紹介します。 電話対応:平日10:00-15:00のみ・土日祝休み ※店舗は予約者様の受取のみとさせて頂いております。当日レンタルも可能です。 djiは10月15日、プロ向けハンドヘルド式3軸カメラジンバル「dji roninシリーズ」のブランド名を一新し、新製品「dji rs 2」と「dji rsc 2」を発表した。

渋谷 映画 鬼滅の刃, やっぱり 意味 知恵袋, 大勝軒 しのや 朝ラーメン, ユニティ テクノロジーズ ジャパン合同会社 会社概要, ジンギスカン 東京 芸能人, 山崎賢人 Twitter 公式, 簡単 材料2つ お菓子, 創の軌跡 考察 クリア後, モンスター 白 青, 24時間テレビ マラソン 2019 距離,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です