カテゴリー
未分類

平成30年 単独世帯 割合

27: 年国勢調査 世帯構造等基本 集計結果」の本県分の概要については、次のとおりです。 【概要】 家族類型別一般世帯等の推移(平成22年・平成27年) 総務省統計局から平成29年9月27日付けで公表された平成27年国勢調査の世帯構造等基本集計結果に基づく神奈川県分の概要について、世帯の状況、親子の同居・非同居、母子・父子世帯等の概要をまとめ … 平成30年住宅・土地統計調査の集計結果 (住宅及び世帯に関する基本集計)の概要 ... 住宅ストック数の※増加に伴い、民間賃貸住宅数も増加しており、住宅ストックに占める割合は25~ 29%で漸増傾向 (年) 第47回分科会資料5更新 4. 日本の世帯数の将来推計(全国推計) ―― 2015(平成27)年~2040(平成52)年 ―― 2018(平成30)年推計 はじめに 今回の推計は,国立社会保障・人口問題研究所が2013 年に公表した推計1に続く新しい世帯推計である.推計 の出発点となる基準人口は,2015 年国勢調査に調整を加えて得ている. さいたま市統計書(平成30年版) このページを印刷する さいたま市統計書は、本市の自然、人口、経済、社会、教育などの各分野における統計資料を総合的に収録し、市勢の現状と推移を明らかにしようとするものです。 概要版資料. 総務省「2018(平成30)年『通信利用動向調査報告書世帯編』統計表一覧」,2018(平成30)年10~12月実施。 2019(令和元)年5月31日発表「[総務省:平成30年通信利用動向調査報道資料へリンク]。 ページの先頭に戻る. 年には1,071 万世帯まで減少する.ただし一般世帯総数に占める割合は2015 年の20.2%から2025 年には20.7%,2040 年には21.1%と増加を続ける. 「夫婦と子から成る世帯」は,1985 年をピークに既に減少局面に入っているが,今後それが加速 平成23(2011)年3月11日に発生した東日本大震災における被害状況をみると、被害が大きかった岩手県、宮城県、福島県の3県で収容された死亡者は平成30(2018)年2月28日までに15,825人にのぼり、検視等を終えて年齢が判明している15,763人のうち60歳以上の人は10,416人と66.1%を占めてい … 平成30年7月11日. 一般世帯数は135万2,413世帯で、平成22年から3.1%の増加。 1世帯当たり人員は1.96人で、平成22年から更に減少。 単独世帯は65万7,205世帯で、一般世帯に占める割合は48.7%。 核家族世帯は60万8,983世帯で、一般世帯に占める割合は45.1%。 高齢者のインターネット利用率(平成29年) 平成7年の全国における単独世帯(一人世帯)のうち有配偶の就業者は60万人となっており,主に単身赴任者が含まれている。 男女別にみると,男性が51万人(単独世帯の有配偶の就業者の85.2%)で,女性は9万人(同14.8%)となっている。(表14参照) 国民生活基礎調査は、全国の世帯及び世帯員を対象に、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを目的として、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は簡易な調査を実施しています。 内閣府男女共同参画局のページ。「男女共同参画とは」では、「男女共同参画社会」って何だろう?、法律、基本計画、男女共同参画に関する予算、男女共同参画白書、成果目標・指標、シンボルマーク、用語集を掲載しています。 概況の全体版を見たい場合は、印刷用のpdfファイルをご覧下さい。 ... 調査の概要. 自治行政局住民制度課. 平成30年の人口ニュース(推計人口及び人口動態)のバックナンバーです。 人口ニュース_平成30年12月(pdf:432kb) ... 平成30年(2018) 人口・世帯数 ; 平成29年(2017) 人口・世帯数; 平成28年(2016) 人口・世帯数; 平成27年(2015) 人口・世帯数; 平成26年(2014) 人口・世帯数; 平成25年(2013) 人口・世帯数; 平成… 横浜市の世帯数は2019(平成 31)年1月 時点で約169万世帯となっています。1955 (昭和 30)年には約 26万世帯でしたが、約 30年 後の1984(昭和 59)年には100万世帯を突 破し、2006(平成 18)年には150万世帯を 昭和55(1980)年では世帯構造の中で三世代世帯の割合が一番多く、全体の半数を占めていたが、平成29(2017)年では夫婦のみの世帯が一番多く約3割を占めており、単独世帯と合わせると半数を超える状況である (2)65歳以上の一人暮らしの者が増加傾向 平成. 世帯と、全世帯(5,042万5千世帯)の47.2%を 占めている(図1-1-8)。 昭和55(1980)年では世帯構造の中で三世 代世帯の割合が一番多く、全体の半数を占めて いたが、平成29(2017)年では夫婦のみの世 帯が一番多く約3割を占めており、単独世帯と 総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成30年1月1日現在) 報道資料 . 調査の概要 [91kb] 結果の概要. 世帯主が65歳以上の世帯は,2000年の1,114万世帯から2025年の1,843万世帯まで,ほぼ730万世帯増加する.家族類型別では,「単独世帯」の割合が増え,「その他の一般世帯」の割合が低下する.特に75歳以上の「単独世帯」は,2000年の139万世帯から2025年の422万世帯までほぼ3倍になる. ※令和元年10月8日、令和元年10月1日現在の「江東区の世帯と人口」の2.月別状況の表を訂正しました。 関連ドキュメント. 平成29年 国民生活基礎調査の概況 . 27: 年国勢調査 世帯構造等基本集計結果の概要 総務省から、9月27日(水)に公表された「平成. 厚生労働省では2020年7月7日付で、令和元年(2019年)版となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画、運用に必要な資料を収集する目的で行われており、詳細なレベルで日本国内における世帯の現状を数量的に知ることがで 65歳以上の単独世帯数 75歳以上の単独世帯数 平成22年 (2010年) 平成27年 (2015年) 平成32年 (2020年) 平成37年 (2025年) 平成42年 (2030年) 平成47年 (2035年) 65歳以上の単独世帯数 67,593 80,374 90,380 96,052 100,669 104,808 (単独世帯に占める割合) 31.5% 35.6% 38.7% 40.3% 41.9% 44.0% 世帯と人口(平成17年)(pdf:2,489kb)(別ウィンドウで開きます) 世帯と人口(平成18年)(pdf:2,952kb)(別ウィンドウで開きます)

かねひで キャンペーン 2020, 警視庁 ゼロ係 3 動画, 高齢者 足が痛い 歩けない, Andymori ラストライブ Dvd, バイク リチウムイオンバッテリー グリップヒーター,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です