カテゴリー
未分類

オバマ ノーベル平和賞 戦争

1998年にマリア、2001年にサーシャの二人の娘に恵まれた。, 1995年には、自伝「Dreams from My Father(邦題:『マイ・ドリーム』 )」を出版する。 オバマ大統領のノーベル平和賞受賞については、「将来に期待」と「時期尚早」との点から、また、受賞演説については「平和を希求する情熱」と「戦争容認」との点から評価が分かれている。 1971年に父と再会を果たした Yes, we can.(我らはともに核を廃絶できる。できるとも)」と初めての英語での演説でオバマの決め台詞を使用し核廃絶を訴えた。, しかし2010年オバマ政権は臨界前核実験を行い、各方面から疑問の声が上がった。オバマのノーベル平和賞受賞をかつて支持した秋葉広島市長からは、「激しい憤りを覚える」とする抗議文が駐日アメリカ合衆国大使館に送付された[175][注 16]。, 政権1期目では、ロシアとの間に第四次戦略兵器削減条約(新START)を結んでいる。, オバマは先住民に対する政策に熱心であり、先住民の生活改善に30億ドルの財政支援を行う方針をした。大統領候補時代にクロウ族の居住地に訪問し、オバマの演説は先住民をもひきつけ、大統領就任式では先住民もパレードに参加した。2009年8月には「大統領自由勲章」をクロウ族のジョセフ・メディシン・クロウ(英語版)に授与した[178]。, またオバマはチェロキー族の女性をホワイトハウス上級顧問に任命した[注 17]。ちなみにオバマの母のアン・ダナムはイングランド、アイルランド、そして先住民のチェロキー族の祖先を持つため、オバマはアフリカ、ヨーロッパ、新大陸のルーツを持っているのである。, しかしウサーマ・ビン・ラーディン殺害作戦のコード名が「ジェロニモ」と、あたかもビン・ラディンが「ジェロニモのようなもの」だといわんばかりの作戦名に対して先住民団体から抗議が起きた[179]。, オバマはアジア系、アフリカ系、ヒスパニック系、そして先住民を重要ポストに就任させる政策をとっており、それまで以上に様々な人種で構成されるようになった。日系では退役軍人長官にエリック・シンセキを任命し、中国系では商務長官にゲイリー・ロック、エネルギー長官にスティーブン・チューを任命した。アフリカ系では司法長官にエリック・ホルダー、アメリカ合衆国通商代表部にロナルド・カークを任命、インド系のアニーシュ・チョプラ(英語版)を米政府初の最高技術責任者に指名し[180]、ソニア・ソトマイヨールをヒスパニック系としては初となるアメリカ連邦最高裁判事に指名した[181]。, オバマは2008年アメリカ合衆国大統領選挙において包括的な移民制度改革の実現を掲げ、ヒスパニック系の有権者から膨大な支持を取り付けて当選した。オバマは大統領就任1年目の政策としてこの移民制度改革の実施を公約としていたが、オバマは公約を反故にした[182]。2010年12月になって、オバマは移民改革法案を提出し可決を求めたが[183]、上院において民主党内からの反対票も有り法案は否決された[184]。オバマ政府は再度 移民制度改革法案を提出し、2013年7月に上院で可決された[185]。オバマは反対意見が根強く採決に至らない下院に対して2013年中の法案の成立を求めている[186]。2014年6月、同改正法案は下院による採決見送りのため廃案となった。オバマは下院の共和党議員を激しく非難したうえ、議会の承認を得ずに法案の成立を求める考えを示した[187]。このようなオバマの強硬姿勢に対しては大統領弾劾の可能性も取り沙汰されていた[188]。, 2012年5月9日、現職のアメリカ合衆国大統領として初めて同性婚支持を表明した[189]。, 2015年4月8日、同性愛者やトランスジェンダーの若者の性的指向や性自認を変えることを目的とする「転向療法」をやめるよう呼びかける声明を発表した[190]。, オバマ政権の時期には、同性愛者など性的少数者の権利の向上が進行した時期であった。2012年12月7日、合衆国最高裁判所は「結婚を男女に限定した」「結婚保護法」を違憲無効とする判決を出した[191]。, 2015年6月27日に連邦最高裁が「デュープロセス条項の自由」を謳ったアメリカ合衆国憲法修正第14条を根拠に、アメリカ合衆国のすべての州(首都ワシントンを含む)に同性結婚を認める判決を出した。これによって同性結婚を認めない州法は直ちに無効となった[192]。, オバマは最高裁判決によってアメリカ合衆国が同性婚を認める国になったことに関して「アメリカにとっての勝利である」「同性婚合憲判決でアメリカが完璧な国にほんのわずかながら近づいた」と判決を肯定した[193]。, 2015年9月7日、アメリカ合衆国連邦政府の契約業者の従業員に年間最大7日間の有給病気休暇を認める大統領令に署名した[194]。, 人工妊娠中絶に対して賛成であり、プロチョイスの立場を取っている[195]。オバマはアメリカの中絶病院チェーンであり、プロチョイス(人工妊娠中絶権利擁護派)の団体であるプランド・ペアレントフッド(全米家族計画連盟)からの支援を受けており、その会議にも出席し、演説している[196]。また、プランド・ペアレントフッドへの助成を廃止しようとする共和党の予算案に対し、拒否権を行使すると発言した[197][198]。, オバマは母親とは別姓であり、名前の「バラク」とは「神に祝福されし者」を意味するスワヒリ語であり(さらに遡れば、アラビア語)、姓の「オバマ」はケニアに住んでいるルオ族に見られる姓である。過去のアメリカ合衆国大統領はイングランドやドイツ、アイルランド、オランダなど、ヨーロッパにそのルーツを持つ姓や名を持つ者のみであり、アフリカにルーツを持つ姓や名、そしてイスラムにルーツを持つミドルネームを持つ者がアメリカ大統領になる事は史上初の事である。奴隷時代の影響でヨーロッパ系の姓と名前であるアフリカ系アメリカ人のミシェル夫人は初めてその名を耳にしたとき「バラク・オバマ? 変な名前だわ」「少し変わり者で、オタクっぽい人に違いない」と思ったという[199]。, なお、姓を「オサマ」と呼び間違えられることがある。過去にCNNや上院議員のテッド・ケネディ、2007年10月にはマサチューセッツ州知事(当時)のミット・ロムニーがオサマ・ビンラディンを説明中にうっかり言い間違えている[200][201]。, 2008年6月頃から主に若者のオバマ支持者の間でメールアドレス、Facebookなど一部のSNSや会員制サイトのハンドルネーム、また買い物の会員カードなどその他名前を登録するあらゆる機会においてミドルネームに「フセイン」と入れる、いわゆる「フセイニアック現象」が起こり、選挙前にはその盛り上がりがピークを見せた。元々イスラム教に由来するこの名前は、イスラム教徒に限らずあらゆる人種や家系や宗教の若者の間でオバマへの支持を表明する手段となった[202]。, かつては知名度で元大統領夫人であるヒラリー・クリントンに差をつけられていたが、演説の巧さと人を惹きつけるカリスマ的魅力があり、遊説を続けるごとに支持者を獲得した。, 政策は具体性に欠け抽象的・理念的な話が多いという評価がある一方、演説の説得力はジョン・F・ケネディの再来とも形容される。演説では、"we"(我々)、"you"(あなた)を多用した短いフレーズを重ねていく手法を採用している。とりわけ「Change」(変革)と「Yes, we can.」(私たちはできる、やればできる)の2つのフレーズは、選挙戦でのキャッチコピーとして多用された。, 演説用原稿のライティングは1980年代生まれの若手のライターであるジョン・ファヴローが抜擢された。彼はこれまで数々の「名演説」を書いてきた。彼はかつてジョン・ケリー陣営で修行を積んでいたこともある[203]。, 一方産経新聞は、オバマが意味不明な発言をすることもあるとしている。同紙によれば、オバマはソマリア沖での海賊行為を特殊部隊で鎮圧した際の記者会見で、「われわれはあの海域での、プライバシーの台頭に終止符を打つ決意を固めています」と発言していたという(海賊行為は、綴りが似ている「パイラシー」が正しい)[204]。在米ジャーナリストの西森マリーは、オバマはスピーチライターの書いた原稿を読んでいるだけであり、事前に通知されていない問いには、とんでもない返答を再三行っていたと述べている[205][204]。, オバマは「アメリカ史上初の黒人大統領」である[注 18]。 Woody, Christopher (11 April 2017). October 18, 2006. オバマ氏が「核兵器のない世界の平和と安全」のスローガンを掲げ、2009年にはその核廃絶の試みを理由にノーベル平和賞まで受けたが、その後、核廃絶の措置はまったく進めず、逆に核兵器の拡散を許したために、その賞には値しない、という主張なのだ。 It solves no social problem: it merely creates new and more complicated ones)と言いました。私は、キング牧師の功績のおかげで、ここに立っている人間です。私は、非暴力抵抗運動のもつ道義的な力の、生き証人です。ガンジーやキングが掲げた信条と、あの2人の人生には、弱いところなど全くないし、受け身なところも、能天気なところも何ひとつない。私はそれを承知しています」 「しかし自分の国を守り防衛すると誓った国家元首として、私はガンジーやキングの先例にばかり倣っているわけにはいきません。私は、ありのままの世界に直面している。そしてアメリカ人を脅かす危険を前にして手をこまねいているわけにもいかないのです。なぜなら、この世に悪は存在するからです。この点を、決して誤ってはなりません」 「非暴力の抵抗運動ではヒットラーの軍隊を食い止めることはできなかった。交渉では、アルカイダの指導者たちに武器を捨てるよう説得することはできません。時には武力も必要だと言うのは、決してシニシズムの呼びかけではありません。武力は必要だというのは、歴史を認識した上でそう言うのです。人間が不完全な存在であり、人間の理性には限界があると、認識した上でそう言うのです」 「第2次世界大戦後の世界に安定をもたらしたのは、国際機関だけではなく、条約や宣言だけではありません。世界はそれを忘れてはならない。我々はいくつか間違いを犯したかもしれない。しかしアメリカ合衆国が60年以上にわたり、自国民の血と武力でもって、世界の安全を裏書きしてきたことは、これは厳然とした事実なのです」 「我々がこの負担を担ってきたのは、自分たちの意志をゴリ押ししようとするからではない。私たちは、英明なる自己利益のためにそうしていたのです。なぜなら私たちは、自分の子どもや孫たちによりよい将来を願っているから。そしてそのためには、ほかの国々の子どもや孫たちが自由で豊かな生活を送れるようになった方が良いだろうと考えるからです」 「なので確かに、戦争のための道具には、平和を守るための役割があります。しかしその真実の横には、いかに正当な戦争であっても、戦争は人間に悲劇をもたらすのだという真実も、常に並存しているのです。兵士の果敢な犠牲は、国への献身、大儀への献身、戦友たちへの献身に溢れ、栄光に充ち満ちています。しかし戦争そのものに決して栄光などなく、決して戦争をそのように持ち上げてはなりません」 ○実現可能な正しい平和のためには 「なので私たちに与えられた課題は、この二つの相容れなさそうな真実を、何とか相容れさせ調和させることです。つまり戦争は時には必要であり、戦争はある意味で人間感情の表現なのだと(So part of our challenge is reconciling these two seemingly irreconcilable truths – that war is sometimes necessary, and war is at some level an expression of human feelings)。具体的には、私たちはかつて遠い昔にケネディ大統領が呼びかけた作業に向けて努力しなくてはなりません。ケネディ大統領は『より現実的で、より実現可能な平和に意識を向けましょう。人間の本性が何かいきなり革命的な変化を遂げるなど期待するのではなく、人間集団の在り方が徐々に進化していくよう努力するのです』と言いました」 「私は、人道的な見地から武力行使が正当化されることもあると考えます。たとえばバルカン半島でそうだったように。あるいはほかにも、戦争で傷ついた場所でそうだったように。何もしないでいることは私たちの良心を引き裂き、遅すぎる介入はより大きな犠牲につながることもあります。だからこそ、国民の明確な信託を受けた軍隊は平和維持に貢献できるのだと、全ての責任ある国家はその役割を受け入れなくてはなりません」 「武力が必要な場合、私たちは一定の行動規範で自分たちを縛らなくてはなりません。それは道徳的な要請、かつ戦略的な要請です。何のルールにも従わない凶悪な敵と対決する時でさえ、アメリカ合衆国は、戦争遂行のふるまいにおいて世界の手本にならなくてはならないと考えます。それこそが自分たちと敵を分け隔てるものなのだと。それこそが私たちの力の源泉なのだと。だからこそ私は、グアンタナモ収容所の閉鎖を命令しました。だからこそ私は、アメリカはジュネーブ諸条約を遵守すると改めて確認したのです」 「自分たちの理想を守るために戦っているのに、その戦いにおいて自分たちの理想を曲げてしまっては、自分自身を失うことになります(We lose ourselves when we compromise the very ideals that we fight to defend)。理想を掲げるのが楽な時だけそうするのではなく、そうするのが辛い時に掲げてこそ、自分たちの理想を守ることになります」 ——ではどうしたらいいのか。オバマ氏は3つのポイントを提言しました。 1.核拡散や大量虐殺など、法律やルールを守らない国々と相対する時は、武力以外で行動を変えさせることのできる、強制力のある方法が必要。それには具体的に相手国に負担を強いる制裁措置の発動が必要で、そのためには国際社会が一致団結しなくてはならない。 2.どういう平和を求めるのか。平和とは単に、目に見える紛争がない状態ではない。アメリカでは昔から、現実主義と理想主義の対立があり、自分たちの狭い利益を追求するか、それとも自分たちの価値観をひたすら押しつけるしかないと言われていた。しかし私はこの選択肢を拒否する。市民が自由に発言できない、自由に信仰できない、指導者を自由に選び自由に集会できない状態は、不満を抑圧しているだけのきわめて不安定な平和でしかない。アメリカはかつて一度も、民主国家と戦争したことはない。人間の希望を否定することは、決してアメリカの、そして世界の利益にならない。 3.正しい平和とは、市民的および政治的権利のみが保障されている状態ではなく、経済的安全と経済機会の確保も必要だ。真の平和とは、恐怖から自由であることのみならず、不足から自由であることも意味する。国家間の合意、強い国際機関、人権の後押し、開発への投資——。ケネディ大統領の言う進化を遂げるには、どれも不可欠な材料だ。しかしそれだけでは足りない。自分たちの道徳的な想像力を絶え間なく拡大し続けなければ、平和実現の事業はなしえない。 ○旅路を導く北極星 そして演説の最後にこういう希望の言葉がありました。 「この世界をより良い場所にするという理想を実現するのは、別に理想的な世界に住んでいなくてもできることです。ガンジーやキングといった人々が実践した非暴力主義は、あらゆる全ての状況で実効性があったわけではないけれども、彼らが唱えた愛と、そして人類は絶え間なく進歩するものだという彼らの信念は、常に私たちの旅路を導く北極星でなくてはなりません(the love that they preached – their faith in human progress – must always be the North Star that guides us on our journey)」 「キング牧師は何年も前にやはりこの場でこう言いました。『曖昧なる歴史への最終回答が絶望だなど、そんなことを私は受け入れない。人類が『今こう』だから、人類の前に常にある永遠の『かくあるべし』という道徳の高みに手を伸ばすことすらできないなど、そんな考えは私は受け入れない』と("I refuse to accept despair as the final response to the ambiguities of history. オバマにノーベル平和賞を授与させた勢力とは、オバマの動きを積極的に支持するグループだ。 それは米国の弱体化を求める(=多極化を求める)国際金融資本家の一部勢力であり、彼らは帝国としての米国の衰退を望んでいると考えて間違いない。 バラク・オバマの両親は双方ともに結婚歴が複数回あるため、異父妹が1人・異母兄弟が7人いる[21]。 "ISIS fighters got inside the wire during a hellish firefight with US Special Ops in Syria". DeYoung, Karen (24 October 2012). "Keeping Hope Alive: Barack Obama Puts Family First". 尚、2000年には、連邦議会下院議員選挙に出馬するも、オバマを「黒人らしくない」と批判した他の黒人候補に敗れた。, 2003年1月にアメリカ合衆国上院議員選挙に民主党から出馬を正式表明し、2004年3月に7人が出馬した予備選挙を得票率53%で勝ち抜き、同党の指名候補となった。対する共和党指名候補は私生活スキャンダルにより撤退し、急遽別の共和党候補が立つが振るわず、2004年11月には、共和党候補を得票率70パーセント対27パーセントの大差で破り、イリノイ州選出の上院議員に初当選した。アフリカ系上院議員としては史上5人目(選挙で選ばれた上院議員としては史上3人目)であり[38]、この時点で唯一の現職アフリカ系上院議員であった。, 2004年アメリカ合衆国大統領選挙では、ジョン・フォーブズ・ケリー上院議員を大統領候補として選出した2004年民主党党大会(英語版)(マサチューセッツ州ボストン)の2日目(7月27日)に基調演説[39]を行った。ケニア人の父そしてカンザス州出身の母がハワイで出会い自分が生まれたこと、次いで「全ての人は生まれながらにして平等であり、自由、そして幸福の追求する権利を持つ」という独立宣言を行った国、アメリカ合衆国だからこそ、自分のような人生があり得たのだ、と述べた。そして「リベラルのアメリカも保守のアメリカもなく、ただ『アメリカ合衆国』があるだけだ。ブラックのアメリカもホワイトのアメリカもラティーノのアメリカもエイジアンのアメリカもなく、ただ『アメリカ合衆国』があるだけだ」「イラク戦争に反対した愛国者も、支持した愛国者も、みな同じアメリカに忠誠を誓う『アメリカ人』なのだ」と語り、その模様が広く全米に中継される[40][41]。長年の人種によるコミュニティの分断に加え、2000年大統領選挙の開票やイラク戦争を巡って先鋭化した保守とリベラルの対立を憂慮するアメリカ人によりこの演説は高い評価を受けた。, なお、ケリーのスタッフが当時イリノイ州議会上院議員だが全国的には無名であったオバマを基調演説者に抜擢したのは、オバマがアフリカ系議員であることから、マイノリティーの有権者を惹き付けられるであろうこと、若くエネルギッシュで雄弁であるからである。また、オバマが同年の大統領選挙と同時実施の上院議員選挙における民主党候補(イリノイ州選出)に決まっており、党大会の基調演説者としてアピールできれば、上院議員選挙にも有利に働くであろうと民主党が期待したことなどからである[42][43]。2006年には連邦支出金透明化法案の提出者の1人となっている。, 2006年を通してオバマは外交関係・環境・公共事業・退役軍人の問題に関する上院の委員会に課題を提出した。また2007年1月に彼は環境・公共事業委員会を出て、健康・教育・労働・年金・国土安全保障及び政府問題委員会に伴う追加課題を扱った。 また彼はヨーロッパ問題に関する上院の小委員会の委員長になった。, 2008年11月4日に行われた2008年アメリカ合衆国大統領選挙で勝利したオバマは、次期大統領(英語版)として政権移行に向けた準備に専念するため、11月16日に上院議員(イリノイ州選出)を辞任した[44]。後任は州法の規定によりイリノイ州のブラゴジェビッチ州知事(民主党)の指名を受けたローランド・バリス(英語版)が就任した。, 2004年以降2008年アメリカ合衆国大統領選挙の候補として推す声が地元イリノイ州の上院議員や新聞などを中心に高まっていった。本人は当初出馬を否定していたが、2006年10月にNBCテレビのインタビューに「出馬を検討する」と発言した。翌2007年1月に、連邦選挙委員会に大統領選挙の出馬へ向けた準備委員会設立届を提出し、事実上の出馬表明となった。そして2007年2月10日に地元選挙区であるイリノイ州の州都のスプリングフィールドにて正式な立候補宣言を行った。, 出馬の演説でオバマは「ここ6年間の政府決定や放置されてきた諸問題は、われわれの国を不安定な状態にしている」と述べ医療保険制度や年金制度、大学授業料、石油への依存度等を、改革が必要な課題として挙げ、建国当初のフロンティア精神へ回帰することを呼びかけた。グローバル資本主義には懐疑的であり、アメリカ国内にブルーカラーを中心に大量の失業者を生んだとされ、新自由主義経済政策の象徴である北米自由貿易協定(NAFTA)に反対し、国内労働者の保護を訴えるなど、主な対立候補となったヒラリー・クリントンよりもリベラルな政治姿勢とされた。, 当初は知名度と資金力に勝る元ファーストレディのヒラリー・クリントンの優勢が予想されたものの、大統領予備選の第1弾が行われるアイオワ州の地元紙(電子版)により、予備選直前の2007年12月に行われた世論調査では、オバマの支持率がヒラリーを上回りトップであった。2008年1月3日に行われたアイオワ州党員集会では、保守傾向にある下位の他候補の支持者や20代の若者など幅広い層からの支持を集めて、ヒラリー、ジョン・エドワーズ、ジョセフ・バイデンを初めとするほかの候補者を10ポイント近い大差で破り、オバマが勝利した。, 同年1月8日に行われたニューハンプシャー州予備選挙ではヒラリーに僅差で敗北。しかし本人は「私はまだまだやりますよ」と今後の選挙戦勝利に意欲をのぞかせた。1月26日に行われたサウスカロライナ州予備選挙で、アフリカ系や若い白人及びヒスパニック層などから圧倒的な支持を受けてヒラリーに圧勝した。CNNでは投票締め切りと同時に「オバマ勝利」と報じるほど他の候補を圧倒した。なおこの頃よりエドワーズやバイデンなど他の候補が次々と予備選挙からの撤退を表明し、事実上ヒラリーとの一騎討ちとなっていく。, 選挙の盛り上がりとともに、かつて家族とともに20年間に亘って所属したトリニティー・ユナイテッド教会に関して、長き時を私淑したことで多大な影響を受けていると言われている牧師のジェレマイア・ライトについての論争がしばしば活況を呈した。その過程でライトの反アメリカ政府的とされる様々な説教の内容が取り上げられている[注 3]。, 予備選挙最中の2008年3月にはオバマとトリニティー・ユナイテッド教会、そしてライトとの決裂が伝えられた。上記のような過激な発言がABCニュースに報道されたのが原因とされている[45][46]。報道直後、オバマはシカゴのアフリカ系アメリカ人社会に対する貢献を挙げてライトを弁護しようとしたが、その後も人種差別的だとされる発言を続けたことを理由にライトと絶縁した[47][48]。その一環として「もっと完璧な連邦(A More Perfect Union)」と題するオバマの演説が人種問題に言及した[49][50][51][52]。, 5月25日にはトリニティー・ユナイテッド教会に招かれた神父のマイケル・フレガー[注 4]が説教中にヒラリーを(アフリカ系アメリカ人に対する)人種差別主義者とみなし、クリントンの泣真似をして喝采を浴びる件があった[54]。オバマはこの件について失望の意を表し、31日に「私は教会を非難しないし、教会を非難させたがる人々にも関心が無い」が、「選挙運動によって教会が関心に晒され過ぎている」として、教会から脱退する[55]。, なおヒラリーとの一騎討ち状態になったことで、その後選挙戦から撤退したエドワーズやバイデンがオバマ支持に回った他、ジョン・F・ケネディ元大統領の娘で、民主党内に一定の影響力を持つとされるキャロライン・ケネディがニューヨーク・タイムズ紙でオバマに対する支持を表明した。, だが、2月5日に22州で行われた「スーパー・チューズデー」ではオバマが13州を抑えたものの、ヒラリーが大票田のカリフォルニア州や地元のニューヨーク州を抑えるなど、ヒラリーとの決定的差はなかった。しかし、スーパー・チューズデー後はミシシッピ州やワイオミング州、ケンタッキー州とオレゴン州を抑えるなど予備選で9連勝し、一気に指名争いをリードした。, これに対してヒラリー陣営は2月10日にパティ・ソリス・ドイル選対主任が「選挙戦の長期化」を理由に辞任した(実際は選対内の意見対立が原因とも言われている)ほか、ヒラリー本人が、2月23日にオハイオ州シンシナティで行われた集会で、オバマ陣営が配布した冊子の中でヒラリーが進める国民皆保険計画について「国民に強制的に保険を購入させる内容である」と記載していたことに対して「恥を知れ、バラク・オバマ」[注 5]と、オバマを呼び捨てで非難した。これに対して多くのマスコミや民主党内からは「理性を失っている」との批判が沸き起こった[注 6]。, なおヒラリーはこのような失点があったにもかかわらず、3月4日には大票田のテキサス州とオハイオ州で勝利をおさめたが、各種調査の結果「選挙戦において完全に劣勢に立たされた」との評価を受けることが多くなった。この様な状況を受けてヒラリーと、夫で元大統領のビル・クリントンが「クリントン大統領、オバマ副大統領」の政権構想を民主党内やマスコミに対して一方的に喧伝し始めた。これに対してオバマは「なぜより多くの支持を得ている私が副大統領にならなければいけないのか理解できない」と拒否した。, その後もオバマの優位は揺らぐことは無く、5月には特別代議員数でもヒラリーを逆転した。完全に劣勢に立たされたヒラリーは同月に「(敗北が確実視されているのに)選挙戦を継続する理由」として、かつて大統領候補指名を目指したものの、予備選最中の1968年6月に遊説先のカリフォルニア州ロサンゼルスで暗殺されたロバート・ケネディ元司法長官の例を挙げた。これは「オバマが予備選挙中に暗殺されること(そしてその結果自分に勝利が転がり込んでくること)を期待している」と受け取られ大きな批判を浴び、その後ヒラリーはケネディの遺族とオバマに対して謝罪した。, 但しこの予備選挙の最中、ノーベル文学賞受賞のイギリスの女性作家ドリス・レッシングがキング牧師暗殺事件の例を引き合いに「オバマは暗殺される可能性がある」と発言するなど、アメリカ世論でも黒人候補であるオバマが暗殺の危機に晒されていると見られていた事は事実ではある。, 同年6月3日に大統領予備選挙の全日程が終了し、全代議員数の半数(2,118人)を超える2,151人の指名獲得を集めたオバマはヒラリーを下し、民主党の大統領候補指名を確定させた。なお予備選挙の最中に、2006年に次いでグラミー賞朗読部門賞を受賞している。, オバマは2008年民主党党大会3日目の同年8月27日、民主党大統領候補の指名を正式に獲得し、副大統領候補に上院外交委員長を務めて予備選挙で戦ったものの、その後オバマへの支持を表明した上院議員のジョセフ・バイデンを指名した。, オバマは民主党党大会最終日の8月28日にコロラド州デンバーのアメリカンフットボール競技場「インベスコ・フィールド」において、8万4000人を前に指名受諾演説を行った。オバマは「次の4年を(ジョージ・W・ブッシュ政権下の)過去8年と同じにしてはならない」、「未来に向けて行進しよう」と民主党内の結束を呼びかけた。外交問題については「粘り強い直接外交を復活させる」とし、「明確な使命が無い限り、戦地に軍を派遣することは無い」と表明した。ジョージ・W・ブッシュ政権で行われたイラク戦争については、「責任を持って終結させる」とした。, オバマは共和党大統領候補として対決するジョン・マケインを、「ブッシュ大統領を90パーセント支持してきた。残り10パーセントに期待するわけにはいかない」と批判した。またオバマは1963年の丁度この日にマーティン・ルーサー・キング・ジュニアが、ワシントン大行進においてアメリカにおける人種差別撤廃への夢について語った演説「I Have a Dream」を踏まえ、「われわれの夢は1つになることができる」と述べた。, 同年10月29日のプライムタイムには、全米4大TVネットワークのうちの3つ(CBS・NBC・FOX)及びユニビジョン(ヒスパニック向けのスペイン語ネットワーク)などを含む7つのテレビネットワークから放送枠を買い取り、30分のテレビCMを全米に放映した。このような大規模な宣伝を行えた背景には、7億4500万ドルという史上類を見ない豊富な選挙資金の存在が有った[57][注 7]。, 2008年11月4日に全米で行われた2008年アメリカ合衆国大統領選挙(大統領選挙人選出選挙)においてオバマは、地元のイリノイ州・伝統的に民主党地盤である大票田のニューヨーク州(クリントン元候補の地元)・カリフォルニア州・ペンシルベニア州に加え、過去2回の大統領選挙で大激戦となったフロリダ州・オハイオ州・さらには長く共和党の牙城とされてきたバージニア州・ノースカロライナ州・インディアナ州でも勝利した。, また近年ヒスパニック系住民の増加が顕著な南西部のうちマケインの地元であるアリゾナ州以外の3州(コロラド州・ニューメキシコ州・ネバダ州)でも勝利を積み上げ、選挙人合計365人を獲得[注 8]してマケイン(173人)を破り、第44代アメリカ合衆国大統領に確定した。一般投票の得票率は52.5パーセント(マケイン46.2パーセント)だった。獲得選挙人数はクリントン(1992年は370人で1996年は379人)には及ばなかったものの、得票率が50パーセントを越えたのは民主党候補では1976年のジミー・カーター以来だった。, 現地時間11月4日午後10時頃、オバマの地元のシカゴ市内中心部のグラント・パークで、約24万人の聴衆が見守る中[58][59]、公園内に備え付けられたスクリーンに「オバマ、大統領に当選」というテロップが流れると、会場は熱気と興奮に包まれる。約1時間後、家族とともに登壇したオバマは、歓声と拍手にどよめく会場で「アメリカに変革が訪れた」と勝利演説を行なった[60][61][62][63][注 9]。会場の一般観客席では、1984年と1988年の民主党予備選挙に出馬しアフリカ系アメリカ人初の2大政党大統領予備選挙有力候補となったジェシー・ジャクソンが感涙に咽ぶ姿も映された[64]。, 勝利後の11月7日に大統領就任後の最重点課題として、サブプライムローン問題が表面化した後の世界金融危機による信用収縮や、国内の雇用情勢の悪化を阻止するため「必要な全ての手段を取る」と表明し、アメリカ国内における信用収縮の緩和と勤労世帯の支援、経済成長の回復などの経済対策に注力すると表明した。, 12月15日に各州とワシントンDCにおいて選挙人による投票が行われ、明けて2009年1月8日のアメリカアメリカ合衆国議会両院合同会議にて、オバマが選挙人票の過半数の365票を得たことが認証され、正式に大統領に選出された。選挙人票が黒人に投じられた例もこれが初めてである。, なおオバマの勝利後、アメリカ国内で銃器の売り上げが一時急増したという。これはオバマや副大統領候補のバイデンが銃規制に前向きであると見られていたからであり、オバマ政権発足後の銃規制強化を懸念した人々からの注文が増加しており、ライフルや自動小銃の売り上げが伸びているという[65]。, オバマの後任の上院議員選出を巡り、イリノイ州知事ロッド・ブラゴジェビッチが候補者に金銭を要求したとの容疑がかけられ、2008年12月9日に連邦捜査局により逮捕され[66]、翌年1月29日にイリノイ州上院の弾劾裁判にて罷免された[67]。, 2009年1月20日正午(ワシントンD.C.時間)、アメリカ合衆国大統領就任式における宣誓を以てオバマは第44代アメリカ合衆国大統領に正式に就任した。オバマはアメリカ合衆国建国以来初の非白人の大統領であり、初のアフリカ系アメリカ人(アフリカ系と白人との混血)の大統領であり、また初のハワイ州生まれの大統領であり、かつ初の1960年代生まれの大統領である。また大統領就任時の年齢は歴代で5番目に若いものとなった[注 10]。, オバマは大統領就任宣誓を予てからの予告通り、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが1861年の1期目の就任式で使用した聖書に左手を置いて行なったが、その際にジョン・ロバーツ最高裁判所長官が宣誓文を読み間違えたことを受け(20日の宣誓は法的には有効)、2009年1月21日にホワイトハウス内にて宣誓をやり直した[69]。, なお「オバマの大統領就任式を見るために、ワシントンD.C.には全米から約200万人を超える観衆が集まったと言われており、史上最高の人数である」と報じられた。, 2009年10月9日にノルウェー・ノーベル委員会はオバマの「核無き世界」に向けた国際社会への働きかけを評価して2009年度のノーベル平和賞を彼に受賞させることを決定したと発表した。ノルウェー・ノーベル委員会はオバマの受賞に関して冷戦終結を促した政治活動をしたヴィリー・ブラント、ミハイル・ゴルバチョフと比較してオバマは受賞するに値する活動をしたと判断したと述べている。就任してから1年も経っていない首脳の受賞は極めて異例である。ノーベル平和賞受賞者には賞金1000万スウェーデン・クローナが授与されるが、オバマは全額を複数の慈善団体に寄付することを表明した。, 現職のアメリカ合衆国大統領にノーベル平和賞が授けられるのは、1906年に第26代アメリカ合衆国大統領に在任していたセオドア・ルーズベルト、1919年に28代目アメリカ合衆国大統領ウッドロー・ウィルソンに続いて3人目である。またアメリカ合衆国大統領経験者の受賞は2002年のジミー・カーター以来である。, セオドア・ルーズベルトは日露戦争の講和、ウィルソンは第一次世界大戦の講和における努力の成果を評価されての受賞であったが、オバマは未だはっきりした成果をあげておらず、受賞に関して「時期尚早」との意見が強く世論は内外で賛否が分かれた。日本の鳩山首相や秋葉忠利広島市長は受賞を評価した。一方、ロシアは奇異と評し、アフガニスタンではターリバーンが「2万人以上の増派を行い、戦火を拡大させたオバマが平和賞を受賞するのは馬鹿げている」と批判した[112]。また、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領は「オバマはこの賞に値する何をしたのか」と述べ 日本と中国は「泥沼で死ぬまで殴りあう」べきなのか。元・駐中国大使に聞く“軍拡”中国との向き合い方, オバマ氏が語る「正しい戦争と正しい平和」 大量破壊兵器を作った男の平和賞を受賞して. いつもはゆるい「暇ダネ」の英語をご紹介する金曜コラムですが、日本時間の木曜夜(10日夜)にオバマ米大統領のノーベル平和賞演説を観ていて、感動…というか、色々な意味で心揺さぶられたので、今週はちょっと真面目な話をします。 For book excerpts, see. See also: 米山雄介「米経済会議サマーズ氏――ファンドから5億円――政権入り前――政策へ影響懸念も」『. 平和主義者なのがわかりますよね ️ 戦争を7回も起こしたオバマが、 なぜ「ノーベル平和賞」を 授与されたのか 返還すべき⁉️ おかしい⁉️ あり得ない⁉️ トランプ大統領こそ、 ノーベル平和賞に相応しい人物だと 思いませんか バラク・オバマの母であるアンはオバマ・シニアとの離婚後、人類学者となった。 IRS official Lerner speedily approved exemption for Obama brother’s ‘charity’, Obama's brother linked to Muslim Brotherhood, http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-28377220071017, http://www.afpbb.com/articles/-/2369710?pid=2775587, “Match made in heaven? Senate Confirms Gary Locke as Commerce Secretary”, http://www.commerce.gov/news/press-releases/2009/03/24/us-senate-confirms-gary-locke-commerce-secretary, More members of the economic team (Update: photos), “Weekly Address: President-elect Barack Obama announces Secretary of HUD”, http://change.gov/newsroom/entry/weekly_address_president_elect_barack_obama_announces_secretary_of_hud/, “President-elect Barack Obama announces key members of energy and environment team”, https://web.archive.org/web/20140813143325/http://change.gov/newsroom/entry/president_elect_barack_obama_announces_key_members_of_energy_and_environmen/, “President-elect Obama nominates Arne Duncan as Secretary of Education”, https://web.archive.org/web/20090226090551/http://change.gov/newsroom/entry/president_elect_obama_nominates_arne_duncan_as_secretary_of_education/, “President-elect Barack Obama announces Gen. Eric Shinseki as Secretary of Veterans Affairs”, http://change.gov/newsroom/entry/president_elect_barack_obama_announces_gen_eric_shinseki_as_secretary_of_ve/, Obama's 'Team of Rivals' Approach Could Mirror That of Abraham Lincoln, “Historic financial overhaul signed to law by Obama”, https://web.archive.org/web/20100722225614/http://news.yahoo.com/s/ap/20100721/ap_on_bi_ge/us_financial_overhaul, “Senate Passes Sweeping Finance Overhaul”, http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704682604575369030061839958.html, “Obama to Sign Dodd–Frank Financial Regulatory Reform Bill Into Law Today”, https://washingtonindependent.com/92161/obama-to-sign-dodd-frank-financial-regulatory-reform-bill-into-law-today/, https://web.archive.org/web/20100327054949/http://www.cnn.co.jp/usa/CNN201003240002.html, 【パリ協定離脱】オバマ前大統領がトランプ政権を批判「未来を拒否する一握りの国に加わった」, US mayors, governors vow to stick with Paris accord, https://web.archive.org/web/20090421130343/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090418-OYT1T00252.htm, https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0302J_T00C13A9000000/, https://mainichi.jp/articles/20160114/k00/00m/030/142000c, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE8AI01H20121119, http://www.nikkei.com/article/DGXNNS0010006_U4A420C1000000/, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DA07H20140424, 駐チェコ共和国アメリカ合衆国大使館ウェブサイト「2009年4月5日オバマ大統領チェコを訪問」, http://www.news24.jp/articles/2010/10/14/07168601.html, http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/43172-アメリカ、「核実験は成功」, “NNSA Reaches B61-12 Life Extension Program Milestone: First Full-System Mechanical Environment Test Completed Successfully”, http://nnsa.energy.gov/mediaroom/pressreleases/b61lep, “ビンラディン容疑者殺害 暗号名ジェロニモは「不快」 先住民が米大統領に謝罪要求”, http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0500F_V00C11A5000000/, http://www.afpbb.com/articles/-/2593734?pid=4044996, http://www.afpbb.com/articles/-/2628980?pid=4437195, “Factbox: Has Obama delivered on his 2008 campaign promises?”, http://www.reuters.com/article/2011/10/28/us-usa-campaign-obama-promises-idUSTRE79R3M920111028, “Obama Pushes DREAM Act Immigration Reform for Lame-Duck Congress”, http://abcnews.go.com/blogs/politics/2010/11/obama-pushes-dream-act-immigration-reform-for-lame-duck-congress/, http://www.huffingtonpost.com/2010/12/18/dream-act-vote-senate_n_798631.html, http://sankei.jp.msn.com/world/news/131023/amr13102315300007-n1.htm, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0F62V420140701, https://web.archive.org/web/20120512081647/http://www.cnn.co.jp/usa/30006523.html, http://sankei.jp.msn.com/world/news/121208/amr12120811320001-n1.htm, “Obama Calls Supreme Court Ruling on Gay Marriage a ‘Victory for America’”, http://www.wsj.com/articles/obama-calls-supreme-court-ruling-on-gay-marriage-a-victory-for-america-1435335722, CNN - Obama: Pro-choice, not pro-abortion, President Obama's Speech at the Planned Parenthood National Conference 2013, Obama Threatens To Veto Planned Parenthood Defunding Bill, http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2555442/3659404, https://web.archive.org/web/20071028011637/http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200710240012.html, https://abcnews.go.com/Politics/barack-obama-osama-bin-laden-names-trip-reporters/story?id=13511989, “Obama Supporters Take His Name as Their Own”, http://www.nytimes.com/2008/06/29/us/politics/29hussein.html?_r=1&ref=politics&oref=slogin, http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008122701000314.html, http://www.sankei.com/column/news/141106/clm1411060004-n1.html, http://megalodon.jp/2008-0521-0010-58/www.asahi.com/international/update/0520/TKY200805200358.html, “レズコ贈賄事件で有罪(英語:Rezko found guilty in corruption case)”, “オバマは資金提供者との土地取引を反省(英語:Obama Says He Regrets Land Deal With Fundraiser)”, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/12/16/AR2006121600729.html, Nuclear Leaks and Response Tested Obama in Senate, Obama Weakened Nuclear Safety Bill After Consulting With Firm, “Robert Wolf, Obama Fundraiser and Adviser, Leaves UBS”, http://blogs.wsj.com/washwire/2012/07/19/robert-wolf-obama-fundraiser-and-adviser-leaves-ubs/, “Obama Begins Vacation Golfing With Wall Street Supporter Wolf”, http://www.bloomberg.com/news/2013-08-11/obama-begins-vacation-golfing-with-wall-street-supporter-wolf.html, “Obama Announces Economic Advisory Board”, http://www.whitehouse.gov/the_press_office/ObamaAnnouncesEconomicAdvisoryBoard/, http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0I30RY20141014, http://www.afpbb.com/articles/-/2933334?pid=10417406, “Obama’s Brother’s Non-Profit Tied to Genocidal Muslim Dictator and Terrorists”, http://www.frontpagemag.com/2013/dgreenfield/obamas-brothers-non-profit-tied-to-genocidal-muslim-dictator-and-terrorists/.

バーフバリ 伝説誕生 完全版, Abcマート 池袋 バイト, サイバーゴースト セキュリティ ネタバレ, エミフル 映画 前売り, 池袋 パフェ 食べログ, 函館 シネマ太陽 事故物件, テレビ 映らない E203, ハリケーン 台風 違い, ギルティ ネタバレ 最新,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です