カテゴリー
未分類

総務省 労働力調査 建設業

技能者等の推移 建設業就業者の高齢化の進行 (※平成23年データは、東日本大震災の影響により推計値) 建設業就業者の現状 ※ 非建設業とは全産業から農業、林業、漁業、建設業、公務及び分類不能を引いた数値である。 ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 建設・港湾労働対策 > 参考資料 (建設労働関 … 出典:総務省「労働力調査」を基に国土交通省で算出. 厚生労働省 「一般職業紹介状況」 総務省 「労働力調査」 上 ・パルプ・紙・紙加工品工業 昇 ・鉱業 ・建設業 ・家具工業 ・印刷業 ・石油・石炭製品工業 ・窯業・土石製品工業 ・電子部品・デバイス工業 ・電気機械工業 ・その他製品工業 出典:総務省「労働力調査」を基に国土交通省で算出. 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「建設業許可業者数調査」、総務省「労働力調査」 注1投資額については平成25年度まで実績、26年度・27年度は見込み、28年度は見通し 注2許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値 注3就業者数は年平均。 総務省統計局の「労働力調査」から、全産業における就業者数と就業率の推移をみると、就業者数は2013年(6326万人)以降、増加傾向が続き、2018年には6664万人となった(図表1)。とくに2018年は、前年比で110万人以上が増加した。 建設業 全産業 製造業 資料:総務省「労働力調査」 建設業の女性就業者の比率の推移 建設業全体の就業者数が減少する中、平成23年より女性就業者数は増加傾向であり、平成28年で74万人となっ ている。 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「建設業許可業者数調査」、総務省「労働力調査」 (年度) 注1 投資額については2014年度まで実績、2015年度・2016年度は見込み、2017年度は見通し 注2 許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値 注3 就業者数は年平均。 (資料出所) 総務省「労働力調査」 (注)「建設技能労働者」は、労働力調査結果を基に国土交通省で推計した数値。 平成23年は東日本大震災の影響で岩手県、宮城県、福島県の調査が困難となったため、女性技能労働者については数値が出ていない。 建設業の就業者数は497万人(前年同月比97.8%)、雇用者数は399万人(同95.7%)となり、前年同月比でみるとともに5カ月連続の減少となった。 《建設業の就業者数と雇用者数の推移》 出典:総務省「労働力調査」より作成 建設投資. 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「建設業許可業者数調査」、総務省「労働力調査」 注1投資額については平成25年度まで実績、26年度・27年度は見込み、28年度は見通し 注2許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値 注3就業者数は年平均。 建設業の労働時間は全産業の平均と比べて、 年間約320時間も長く 、長年変わらぬ高止まりの傾向となっています。 出典:総務省「労働力調査」 建設業就業者の高年齢化は進む一方、若年層の入職は減っており、今後の離職者の発生で 深刻な人材不足が懸念 されます。 建設業の就業者数は497万人(前年同月比97.8%)、雇用者数は399万人(同95.7%)となり、前年同月比でみるとともに5カ月連続の減少となった。 《建設業の就業者数と雇用者数の推移》 出典:総務省「労働力調査」より作成 建設業は全産業平均と比較して年間300時間 以上長時間労働の状況。 出典: 厚生労働省「毎月勤労統計調査」年度報より国土交通省作成 出典:総務省「労働力調査」(h30年平均)を元に国土交通省にて推計 2.6 13.7 20.2 24.8 30.6 42.4 44.3 35.2 31.3 32.0 50.9 建設業における就業者数と雇用者数の推移 出典:総務省「労働力調査」よりヒューマンタッチ総研が作成 建設業における新規求人数の推移(新規学卒者とパートを除く) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「許可業者数調べ」、総務省「労働力調査」 注1投資額については平成23年度まで実績、24年度・25年度は見込み、26年度は見通し 注2許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値 注3就業者数は年平均。 学校高等部を含む。,     3  大学・短大等には、大学院・高等専門学校を含む。,     4  各年5月1日現在の数値である。, ※ 非建設業とは全産業から農業、林業、漁業、建設業、公務及び分類不能を引いた数値である。. 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「建設業許可業者数調査」、総務省「労働力調査」 注1投資額については平成25年度まで実績、26年度・27年度は見込み、28年度は見通し 注2許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値 注3就業者数は年平均。 図表1 職種別の建設業就業者数の推移 出典:総務省統計局「労働力調査」より作成 高齢化が若干進み、若返りはあまり実現せず 建設業就業者の年齢階級別で構成比の推移を見ると、最も上昇しているのは「65歳以上」で、2012年の9.3%から2018年には15.5%へと6.2ポイント増えた(図表2)。 技能者等の推移 建設業就業者の高齢化の進行 ( ※平成23年データは、東日本大震災の影響により推計値) 建設業就業者の現状 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「許可業者数調べ」、総務省「労働力調査」 (年度) 注1 投資額については平成22年度まで実績、23年度・24年度は見込み、25年度は見通し 注2 許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値 注3 就業者数は年平均。 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「建設業許可業者数調査」、総務省「労働力調査」 (年度) 注1投資額については2014年度まで実績、2015年度・2016年度は見込み、2017年度は見通し 注2許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値 注3就業者数は年平均。 建設業の労働生産性関連データ (資料)経済産業省「全産業活動指数(iaa)」、総務省統計局「労働力調査結果」 ※1 労働力調査は、全国約4万世帯(15歳以上の約10万人)が調査対象。 労働力調査(基本集計)平成29年1月分結果からのベンチマーク人口の切替え及びそれに伴う過去数値の変更について(pdf:141kb) 出典:総務省「労働力調査」(暦年平均)を基に国土交通省で算出. 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「建設業許可業者数調査」、総務省「労働力調査」 (年度) 注1投資額については平成25年度まで実績、26年度・27年度は見込み、28年度は見通し 注2許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値 注3就業者数は年平均。 労働力調査は、我が国の15歳以上人口について、就業時間・産業・職業等の就業状況、失業・求職の状況など、月々の就業・失業の状態を把握することにより、就業者数、完全失業者数、完全失業率などの景気判断や雇用対策等の基礎資料となる結果を提供する調査です。 ※ 総務省「労働力調査」(暦年平均)を基に国土交通省で算出(技能労働者数については、年齢階層別の建設業就業者数を建設業の就業者に占める技能労働者の割合で割り戻して推計。) (万人) (年齢) 36.4万人 116.7万人 111.9万人 ( 4.1%) 35.7万人 ( 1.9%) 総務省統計局、統計研究研修所の共同運営によるサイトです。国勢の基本に関する統計の企画・作成・提供、国及び地方公共団体の統計職員に専門的な研修を行っています。 出典:総務省「労働力調査」を基に国土交通省で算出 出典:総務省「労働力調査」(暦年平均)を基に国土交通省で算出. 建設業における就業者数と雇用者数の推移 出典:総務省「労働力調査」よりヒューマンタッチ総研が作成 建設業における新規求人数の推移(新規学卒者とパートを除く) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成 労働力調査(基本集計) 2020年(令和2年)10月分結果の概要(pdf:284kb) 追加参考表 就業者及び休業者の内訳(PDF:174KB) ※ 過去の結果の概要 についてはこちらをご覧ください。 技能者等の推移 建設業就業者の高齢化の進行 ( ※平成23年データは、東日本大震災の影響により推計値) 建設業就業者の現状 ‚éB, “ú–{•W€ŽY‹Æ•ª—ނ̉ü’èi2007”N11ŒŽj‚É‚æ‚é‰e‹¿‚Ì‘å‚«‚¢ŽY‹Æ‚ɂ‚¢‚ẮCŽQl‚Æ‚µ‚āCŠÈˆÕ‚È•û–@‚É‚æ‚萄Œv‚µ‚½u‘k‹y„Œv’lv‚ðC( )‚ð•t‚µ‚ÄŒfÚ‚µ‚½BÚ×‚ɂ‚¢‚ẮC. 出典:総務省「労働力調査」(暦年平均)を基に国土交通省で算出. 建設業は全産業平均と比較して年間300時間 以上長時間労働の状況。 出典: 厚生労働省「毎月勤労統計調査」年度報より国土交通省作成 出典:総務省「労働力調査」(h30年平均)を元に国土交通省にて推計 2.6 13.7 20.2 24.8 30.6 42.4 44.3 35.2 31.3 32.0 50.9 建設業への入職者数は近年増加傾向にあるものの、H7年のピーク時からは遠い水準 年齢階層別の建設技能者数 出所:総務省「労働力調査」(h 2 9 年平均)をもとに国土交通省で推計 (年齢階層) 81.1万人 24.5% 2.7 14.0 19.9 24.6 33.2 44.5 43.2 33.9 31.9 33.2 47.9 総務省が毎月発表している労働力調査のデータを、国土交通省が建設業に特化して独自に分析。昨年12月の調査結果が1日に発表されたのを受け、年平均の推移をまとめた。 技能労働者数のピークは1997年の455万人。 注2 許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値. 技能者等の推移 建設業就業者の高齢化の進行 (※平成23年データは、東日本大震災の影響により推計値) 建設業就業者の現状 建設業は全産業平均と比較して年間300時間 以上長時間労働の状況。 出典: 厚生労働省「毎月勤労統計調査」年度報より国土交通省作成 出典:総務省「労働力調査」(h30年平均)を元に国土交通省にて推計 2.6 13.7 20.2 24.8 30.6 42.4 44.3 35.2 31.3 32.0 50.9 注3 就業者数は年平均。 建設業 全産業 製造業 資料:総務省「労働力調査」 建設業の女性就業者の比率の推移 建設業全体の就業者数が減少する中、平成23年より女性就業者数は増加傾向であり、平成28年で74万人となっ ている。 労働力調査は、我が国の15歳以上人口について、就業時間・産業・職業等の就業状況、失業・求職の状況など、月々の就業・失業の状態を把握することにより、就業者数、完全失業者数、完全失業率などの景気判断や雇用対策等の基礎資料となる結果を提供する調査です。 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「建設業許可業者数調査」、総務省「労働力調査」 (年度) 注1投資額については平成25年度まで実績、26年度・27年度は見込み、28年度は見通し 注2許可業者数は各年度末(翌年3月末)の値 注3就業者数は年平均。 出所:国土交通省「建設投資見通し」・「許可業者数調べ」、総務省「労働力調査」 注1 投資額については平成23年度まで実績、24年度・25年度は見込み、26年度は見通し. ※ 総務省「労働力調査」(暦年平均)を基に国土交通省で算出(技能労働者数については、年齢階層別の建設業就業者数を建設業の就業者に占める技能労働者の割合で割り戻して推計。) (万人) (年齢) 36.4万人 116.7万人 111.9万人 ( 4.1%) 35.7万人 ( 1.9%) 出典:総務省「労働力調査」を基に国土交通省で算出 出典:総務省「労働力調査」(暦年平均)を基に国土交通省で算出. 厚生労働省 「一般職業紹介状況」 総務省 「労働力調査」 上 ・パルプ・紙・紙加工品工業 昇 ・鉱業 ・建設業 ・家具工業 ・印刷業 ・石油・石炭製品工業 ・窯業・土石製品工業 ・電子部品・デバイス工業 ・電気機械工業 ・その他製品工業 ここから本文です。 労働力調査 長期時系列データ お知らせ.

バーフバリ シヴァガミ セリフ, キーボードアンプ ギターアンプ 違い, あつ森 スコップ 回数, 事故 お詫び 菓子折り郵送, ちゅらさん あらすじ 最終回, プリン レシピ 固め, 大阪市立大学 経済学部 入試科目, フォレスター アドバンス 維持費, ロマサガ3 レオニード 成長, 半沢直樹ネタバレ 4 話,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です