カテゴリー
未分類

2014 ワールドカップ 優勝

延長戦の末、 アルゼンチン を1-0で振り切った ドイツ は、1990年大会以来、24年ぶり4度目のW杯制覇を成し遂げた。- 2018年. 2014年ワールドカップ優勝時に主将を務めた同氏は、これまでにも大会招致のアンバサダーや組織委員会の委員長など、大会の運営に直接関わっている。 FIFAワールドカップ(ふぃふぁ ワールドカップ、英: FIFA World Cup )は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、男子ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会。 サッカーの大会の世界最高峰と位置付けられ、全世界の総視聴者数が35億人を超え テレビ視聴者数や経済効果はオリンピック … 本日は、2014年fifaワールドカップ ブラジル大会の記念金貨をご紹介します!少し買取価格を調べてみたのですが、発行年が近年なせいもありコイン買取店での公式な買取額を知ることはできませんでした。オークションを参照した結果、3種セットで13万円ほどの落札価格がついているようです。 「2014 ドバイワールドカップデー」 日本調教馬の成績; ジェンティルドンナ、ジャスタウェイが優勝- 公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (jairs) 優勝:フランス 最終順位: 優勝: ウルグアイ(勝ち点5)、準優勝: ブラジル(勝ち点4)、3位: スウェーデン(勝ち点2)、4位: スペイン(勝ち点1), 2014 FIFAワールドカップ statistical kit-FIFA公式HP、2014年5月20日, http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20131206/152935.html, FIFA Council confirms contributions for FIFA World Cup participants, The FIFA Statutes (in force as of 27 April 2016)-FIFA公式HP, 2026 FIFA World Cup bid books now available-FIFA公式HP、2018年3月26日, FIFA REGULATIONS for the selection of the venue for the finalcompetition of the 2026 FIFA World Cup™-FIFA公式HP、2017年11月7日, 2002年ワールドカップについて 石原 俊(2002年ワールドカップ日本招致委員会会長)№808(平成7年7月)号-一般社団法人学士会HP, 誰かに話したくなる!北澤豪のW杯とっておきトーク 第1回意外と難しいワールドカップの開催事情-Safariオンライン、2018年6月14日, FIFA Council prepares Congress, takes key decisions for the future of the FIFA World Cup™-FIFA公式HP、2017年5月9日, FIFA Council approves key organisational elements of the FIFA World Cup™, 2026 FIFA World Cup Bid Evaluation Report, FIFA Council discusses vision for the future of football, Voting results(2026 FIFAワールドカップ開催国投票結果)-国際サッカー連盟公式HP2018年6月13日, Canada, Mexico and USA selected as hosts of the 2026 FIFA World Cup™-国際サッカー連盟公式HP2018年6月13日, Unanimous decision expands FIFA World Cup™ to 48 teams from 2026-国際サッカー連盟公式HP、2017年1月10日, 『大住氏日経サッカーコラム60.「ワールドカップの持ち回りシステム終了」から見えてくるもの』, 【サッカーW杯招致】2022年大会招致に一本化、大阪の新スタジアムなど13会場で 2010.5.11 20:23, ブラジル大会へテコ入れ W杯組織委にFIFA理事会が全面参加-スポニチ2012年3月29日, FIFA Council prepares Congress, takes key decisions for the future of the FIFA World Cup™, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=FIFAワールドカップ&oldid=80873104, この項目では、国や地域のチームによる競技大会について説明しています。優勝チームに贈られる記念トロフィーについては「, 1930年:1次ラウンドは4グループによるグループリーグ。各組1位のチームのみが決勝トーナメントに進出。, 1950年:1次ラウンドは4グループによるグループリーグ。各組1位のチームのみが決勝ラウンド(4チームによる総当たり戦)に進出。, 1954年 - 1970年:1次ラウンドは4グループによるグループリーグ。各組上位2チームが決勝トーナメントに進出。, 1974年 - 1978年:1次ラウンドは4グループによるグループリーグ。各組上位2チームが2次ラウンド(4チームずつの2組によるグループリーグ)に進出し、2次ラウンドの各組1位チームで決勝戦、各組2位チームで3位決定戦を戦った。, 1982年:チーム数が24チームに増加。1次ラウンドは6グループによるグループリーグ。各組上位2チームが2次ラウンド(3チームずつの4組によるグループリーグ)に進出し、2次ラウンドの各組1位チーム(4チーム)が決勝トーナメントに進出。, 1986年 - 1994年:1次ラウンドは6グループによるグループリーグ。各組上位2チームと、各組3位のチームのうち成績上位4チーム(合計16チーム)が決勝トーナメントに進出。, 順位は通算勝点(現行の勝点に換算:後述)の多い順で、通算勝点が同数の場合は得失点差の優れた方を、得失点差も同数の場合は総得点の多い方を上にした, 1990年イタリア大会までの勝点は<勝=2、分=1、敗=0>であったが、通算成績では現行と同じ<勝=3、分=1、敗=0>で統一した. Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 2014 FIFA U-17女子ワールドカップ ( 英: FIFA U-17 Women's World Cup Costa Rica 2014 )は、 2014年 3月15日 から 4月4日 にかけて、 コスタリカ で開催された第4回目の FIFA U-17女子ワールドカップ である。. 準優勝:アルゼンチン 開催国:ブラジル. 優勝:スペイン. fifaワールドカップトロフィーツアー 第1回・2006年(ドイツ大会) ドイツ大会に先駆け、トロフィーは2006年1月から4月にかけて世界28箇国の31箇所を順に巡る形式で「コカ・コーラfifaワールドカップ™トロフィーツアー」と題し、撮影許可の一般公開が行われた。 元アルゼンチン代表監督サベーラ氏が66歳で死去。2014年W杯では準優勝. 2020年12月09日(Wed)14時55分配信. 日本時間の2014年7月14日に行われたワールドカップ決勝で、ドイツがアルゼンチンを破り優勝した。南米大会でヨーロッパの国が優勝したのは初めてである。なお、そ… fifaワールドカップでの成績は優勝4回、準優勝4回、決勝戦には8回進出している。 また 1954年大会 から 2014年大会 まで16大会連続でベスト8以上に進出という記録を残した( 1950年大会 は不参加、 2018年大会 はグループリーグ敗退)。 fifa u-17女子ワールドカップで優勝したu-17日本女子代表が本日帰国し、都内で行われた優勝報告記者会見に出席しました。コメント高倉麻子 監督21名の選手とスタッフが心をひとつにして、優勝を勝ち取ることができました。選手の頑張りはもちろんですが、育成に関わってくだ 「2014年の、fifaワールドカップ、 優勝するのは、どの国かな?」 なんて、ワクワクしてませんか?? 6月13日(日本時間)に開幕する、 サッカーの、fifaワールドカップ・ブラジル大会。 われらの日本代表 … 準優勝:オランダ 開催国:南アフリカ大会 2014年. FIFAワールドカップ(ふぃふぁ ワールドカップ、英: FIFA World Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、男子ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会。サッカーの大会の世界最高峰と位置付けられ、全世界の総視聴者数が35億人を超え[1] テレビ視聴者数や経済効果はオリンピックを凌ぐ世界最大のスポーツイベント[1]。大抵は年度を付加して“FIFAワールドカップ [開催国] [年度]”(英: FIFA WORLD CUP [country] [year])などのように呼称される。, 女子の世界選手権大会についてはFIFA女子ワールドカップを、クラブチームの世界選手権大会についてはFIFAクラブワールドカップを参照。, 4年に1回、西暦の4で割って2余る年(夏季五輪の中間年、1994年以後は冬季五輪と同年)に開催される。第1回大会は1930年、ウルグアイで開催された。, 参加できる主体は国またはそれに準ずる地域であり、より厳密にはFIFAに加盟したサッカー協会を単位とする。例えば、イギリスは単一の国家ながら本土4協会(イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド)と海外領土6協会(モントセラト、イギリス領ヴァージン諸島、ケイマン諸島、タークス・カイコス諸島、バミューダ諸島、アンギラ)による計10代表チームがあり、日本は日本サッカー協会の唯一の代表である。そして、胸にそのエンブレムをつけたユニフォームを着用する。また、香港やマカオのように、FIFAが加盟を承認したサッカー協会を持つ地域にも、それぞれに出場権がある。, これまでの歴代優勝国は、ブラジル(5回)、イタリア、ドイツ(4回)、ウルグアイ、アルゼンチン、フランス(2回)、イングランド、スペイン(1回)の8か国・地域である。なお、2002年大会までは前回優勝国が地区予選を免除されていたが、それに伴う強化不足や収入減少の懸念や、予選枠拡大の要望などから、2006年大会からは廃止となった。, FIFA創立時(1904年)の要綱に世界選手権(英: World Championship)を行う旨が記載されており、1928年に行われたFIFAのアムステルダム総会において大会名称を「ワールドカップ」とすることが定められた。当時FIFAの会長であったジュール・リメが優勝トロフィーを寄贈したことからトロフィーは「ジュール・リメ杯」と呼ばれるようになり、1946年7月25日に行われたFIFA第25回ルクセンブルク総会で大会の正式名称も「ジュール・リメ杯世界選手権大会」(英: World Championship -Jules Rimet Cup-)に変更された。その後、1970年のメキシコ大会において3度目の優勝を果たしたブラジルがジュール・リメ杯を永久に保有することとなり、新しいトロフィーが製作されたことに伴い、1974年の西ドイツ大会以降「FIFAワールドカップ」が正式名称となっている。, 日本国内では雑誌や新聞等において「W杯」と略されることも多いが、公式には認められていない。また、ドイツにおいては世界選手権を意味する "Weltmeisterschaft" が使われる。, なお「ワールドカップ」の名称を世界で最初に用いた競技はサッカーであるが、大会正式名としては1966年開始のアルペンスキーのワールドカップが世界初となる。, 初期の優勝トロフィーは、寄贈者のジュール・リメ(この大会を企画・発案した)の名を取って「ジュール・リメ・トロフィー」と呼ばれた。その後、1970年大会でブラジルが3回目の優勝を成し遂げた際、規定で「ジュール・リメ・トロフィー」が永久保持となったため、それに代わる優勝トロフィーのデザインを一般から公募、イタリア人の彫刻家、シルビオ・ガザニガのデザインによる新たな優勝杯が作成された。当該大会の優勝決定後、優勝国のサッカー協会に保存され、4年後の本大会開会式の際に返還されていた。その後、2005年に純金製の3代目トロフィーが製作されたのをきっかけに、保安上の理由からドイツ大会(2006年)以後は優勝国へのトロフィーの授与は行うものの、それ以後の優勝国への保存はなくなり、閉会式終了後再びFIFAが管理することとなる。なお、優勝国にはトロフィーのレプリカが贈賞される。, 1978年アルゼンチン大会まではFIFAからの賞金はなく、各国のサッカー協会が個々に協賛スポンサーを募り成績に応じて自国のチームに贈ることが多かった。1982年スペイン大会で、初めてFIFAがワールドカップ本大会全24出場国に、1次リーグ毎に計100万スイスフラン(当時約1億2083万3千円)ずつ、総額4200万スイスフラン(当時約50億7498万6千円)の賞金を支給した[2]。FIFA本部がスイスのチューリッヒにあるため、スイスフラン建てで賞金を支払った[3]。以降、賞金は2006年ドイツ大会まで、スイスフラン建てで支払った。1990年イタリア大会から全出場国に大会準備金を支払うようになり、同大会では大会準備金25万スイスフラン(当時約2696万7千円)と1試合毎1チームに67万7127スイスフラン(当時約7304万335円)、総額7640万スイスフラン(当時約82億4111万5200円)を支払った。2002年日韓大会から成績に応じた賞金を支給するようになり[2]、日韓W杯の優勝賞金は1620万スイスフラン(約14億5500万円)だった[3]。2006年ドイツ大会では、全32出場国に大会準備金として100万スイス・フラン(約9000万円)、グループリーグ全3試合分の出場給として、600万スイスフラン(約5億4千万円)、合わせて700万スイスフラン(約6億3000万円)を支給。これが本大会出場国の最低保障となる。以後勝ち上がるごとに、賞金は増えていく。決勝トーナメント進出(ベスト16)で850万スイスフラン(約7億6500万円)。ベスト8で1150万スイスフラン(約10億3500万円)。ベスト4で2150万スイスフラン(約19億3500万円)。優勝すれば2450万スイスフラン(約22億500万円)。FIFAがドイツ大会で支払った賞金などの総額は3億3200万スイスフラン(約298億8000万円)である[3]。なお、1982年スペイン大会から2014年ブラジル大会までの賞金の詳細は、FIFA公式HPのリンク先PDFファイル「2014 FIFAワールドカップ statistical kit」のP6-P7のPrize Money参照のこと[2]。, 2010年南アフリカ大会からFIFAの賞金がスイスフラン建てからアメリカドル建てに変更された[2]。同大会の優勝賞金を3000万ドル(約26億4000万円)にするとFIFAが2009年12月3日に発表した。また、準優勝のチームには2400万ドル(約21億1200万円)、3位2000万ドル(約18億円)、4位1800万ドル(約16億円)、グループリーグ敗退国(17位 - 32位)も、800万ドル(約7億円)を受け取る。さらに、全32出場国には大会準備金として100万ドル(約8837万円)ずつが支払われる。賞金総額は、前回のドイツ大会に比べて61%増の4億2000万ドル(約369億6000万円)になる[2][4]。また、同日FIFAは南アフリカ大会に出場する選手の各所属クラブに、総額約4000万ドル(約35億円)の補償金(怪我に対する保険金)が支払われると発表した。各クラブには所属する選手1人につき、大会期間中1日1600ドル(約14万円)が支払われる。補償金制度は2014年ブラジル大会以降も継続して採用されている[5]。, 2014年ブラジル大会では、賞金総額が5億7600万ドル(約586億4000万円)と前回大会より37パーセントの増額となり、優勝国3500万ドル(約35億6000万円)、準優勝国2500万ドル(約25億5000万円)、3位2200万ドル(約22億4000万円)、4位2000万ドル(約20億4000万円)と上位の国への賞金は軒並み増額、グループステージで敗退した国に対する賞金800万ドル(約8億1000万円)は据え置かれたが、全32出場国に支払われる大会準備金は150万ドル(約1億5000万円)と増額された[2][2][6]。, 2018年ロシア大会は、前回のブラジル大会から300万ドル増額の優勝賞金を3800万ドル、準優勝のチームには2800万ドル、3位には2400万ドル、4位には2200万ドル、ベスト8 (=準々決勝進出)には、1600万ドル、ベスト16 (=決勝トーナメント進出)には、1200万ドルとなり、グループリーグ敗退国 (17位 - 32位)も、出場給として800万ドルを受け取る。さらに、全32出場国に大会準備金150万ドルずつが支払われる。賞金総額は、6億9100万ドルとなり、前回大会の同総額5億7600万ドルから40%増となった[7][8]。FIFAは欧州クラブ協会 (ECA)との合意に基づき、2018年ロシア大会に出場する全選手の各所属クラブに、総額約2億900万ドルの補償金 (負傷の保険金)を各国サッカー協会を通じて、支払う[7]。, FIFAワールドカップの開催国は、初期から1974年大会・1978年大会・1982年大会の3大会同時開催国選定まではFIFA総会での投票で決定していたが、1986年大会以降、FIFA理事会(現・FIFA評議会)のFIFA理事投票で決定する方式に変更されていた[9]。その後、2010年12月2日の2018/2022 FIFAワールドカップ開催地決定投票まで、FIFA理事会のわずか24名のFIFA理事の投票(会長は同数の時のみ1票投じる)で決まる方式だったため[10]、買収工作も容易だった(2015年FIFA汚職事件参照)との反省から、2018年6月13日の2026年大会開催投票からFIFA総会での開催立候補国を除く全加盟協会での投票方式に再び変更された(FIFA Statutes2016年版P28の28 Ordinary Congress agendaの2.のs)[11]。また、従来の不透明なワールドカップ招致手順を明確化し、各段階で審査プロセス等を公式発表していくとした[12]。, 前FIFA会長ゼップ・ブラッターは、アフリカでワールドカップ開催するために「ワールドカップ持ち回りシステム(ローテーションシステム)」を提案し、理事会(現FIFA評議会)にかけてFIFAの正式な方針とした[27]。そこで、2010年の第19回南アフリカ大会から、原則的に開催は6大陸での持ち回りで行われると決まり、2014年の第20回記念大会はこの原則に基づきブラジル(南アメリカ大陸)で開催される事になった。, しかし、その後2007年10月29日のFIFA理事会において、2014年大会開催国の正式立候補国がブラジルとコロンビアしか出なかった事を問題視。表向きは「開催立候補国を多く出させ易くする為」という理由でこの原則が見直され、直近の2大会の開催地のある大陸以外から立候補国を募るという事に改正された。, なお、ブラッターはワールドカップ持ち回りシステム破棄の理由として「持ち回りシステムの採用は、これまで開催がなかったアフリカ、そして1978年以来30年以上もワールドカップを開催していない南米にもっていくための方便だった」と説明しており[27]、持ち回りシステム破棄は当初からの既定路線だった可能性も高い。, この改正により、例えば2018年の第21回大会の開催国への立候補は2010年と2014年に開催地となったアフリカと南米以外のFIFA加入国ならば、制度上はどの国でも立候補が可能となった。2002年の開催国のひとつである日本が再び開催地に立候補するには旧原則下では2022年以降にアジアに開催国立候補権の順番が回ってくるまで待たねばならなかったが、4年早まって2018年大会から立候補する事も可能となった。ただし、日本は2018年の立候補は見送り、2022年への専念を表明している(その後、ヨーロッパ以外のほかの立候補国も2018年を事実上離脱し、2022年のみに専念することになり、実質、2018年はヨーロッパ、2022年は欧州・南米以外からの開催が必然的に決まった)[28]。それでも、大陸持ち回りのカラーは比較的強く残しており2018年大会に日本が立候補しようとした際に、プラッター会長から「政治的色合いを強く感じた」と日本サッカー協会の犬飼会長は語っている(FIFA側としては、2018年大会の開催はユーラシア大陸に戻したい意向<2006年大会以降、FIFA加盟協会のおよそ4分の1相当を擁するヨーロッパから大会が離れているため>であると感じたそうである)。, 開催スタジアムに要求される施設面の必要要件は日韓大会の頃より更に厳しくなっている。収容4万人以上の会場が12カ所必要で、開幕戦と決勝戦は8万人以上・準決勝は6万人以上が観戦可能な規模の競技場で行う事が基準となる。更に屋根が客席を覆う範囲、控室の設備、さらには観客が利用する場内のトイレ、バリアフリーなどに至るまで細かい条件が設けられている。つまり、FIFAワールドカップを開催する為には、開催国において数多くのサッカー競技場の新設や施設の大規模な改良が必要になる。, 現時点で、開催国に要求されるスタジアムなどのインフラ整備等全ての必要要件についての最新の手引きは、先述の「2026 FIFAワールドカップ招致手引書[13]」である。, その為、裏を返せば、開催国のサッカー界にとっては、FIFAワールドカップを開催する事によって、政府や行政の大幅な協力を得て、自国のサッカー関連施設の水準を一気に世界の最高水準に引き上げ、なおかつサッカーに対して国家レベルでの大規模な強化支援を受ける事が可能となるわけで、各国のサッカー協会にとってはこれもワールドカップ開催の立候補への大きな動機となる。また、この様な大規模な支援が国家・行政レベルで行われる事も、現在では開催立候補に際しての事実上の必要条件となっている。, 本大会開催国は、直ちに国内で「開催国のワールドカップ組織委員会」を発足させ、大会開催の準備を開始する。また、それとは別に、FIFA内部にもFIFA関係者及び外部の有識者で構成される「FIFAのワールドカップ組織委員会」が立ち上げられ、大会の準備や運営に携わる[29]。第22回カタール大会まで、第2回イタリア大会を除けば、開催国に開催枠として自動出場権を与え、大陸予選が免除されてきた。単独開催に加え、共催が正式に許可された第23回カナダ・メキシコ・アメリカ大会から単独開催はこれまで通り開催国枠で自動出場。複数の国の共催の場合は、FIFA評議会(旧FIFA理事会)で決定することになった[30]。, 予選は、本大会前に各地区ごとに1〜2年間かけて行われ、地区によっては1次、2次、最終予選の段階に分けられる。最終的には「プレーオフ」や「大陸間プレーオフ」が行われ、全ての出場国が決まる。現在のルールでは、本大会に進めるのは32か国(1978年までは1930年と1950年を除き16か国、1982年から1994年までは24か国で、32か国になったのは1998年からである)。全出場国が決まってから、開催国で各グループリーグの抽選会が行われる。, 世界を6地区に分けホーム・アンド・アウェー方式で行う(地区によっては参加国の中から1か国集中型の「集中開催方式」や2か国を特定する「ダブルセントラル方式」を取り入れる場合もある)。アジア地区の予選は、1994年アメリカ大会・アジア最終予選でドーハでのセントラル方式でのリーグ戦が実施され、また1998年フランス大会・アジア予選の第3代表決定戦がジョホールバルでセントラル方式での1戦のみで実施されたが、その後開催地の調整が難しくなったためホーム・アンド・アウェー方式に変更された。, 6地区それぞれに出場枠が定められ、過去の実績で各地区の出場枠が増減される。中には「大陸間プレーオフ」と通称される試合でいわゆる「0.5枠」を争う地区もある(例:アジアの出場枠を2.5、北中米カリブ海の出場枠を2.5とすると、両地域の予選上位2チームが自動的に本大会に進出、両地域の3位チーム同士がホーム・アンド・アウェー方式による「大陸間プレーオフ」で対戦し、その勝者が本大会出場権を獲得するシステム)。48カ国出場になる2026年カナダ・メキシコ・アメリカ大会大陸予選から、「大陸間プレーオフ」は、欧州以外の5大陸連盟から各1チームずつ、開催国所属大陸連盟からさらに1チームを加えた計6チームで2枠を争う。2026年カナダ・メキシコ・アメリカ大会大陸予選は、アフリカ、アジア、オセアニア、南米から各1代表、北中米カリブ海から2代表計6代表の大陸間プレーオフとなる[31]。, 大会ごとに運営方法に変更が生じるが、1次ラウンド(JFAの用語集では「グループステージ」と呼称)はグループリーグ(複数のグループに分けて各グループで総当たり戦)で実施し、ここを勝ち抜けたチームにより決勝トーナメント(JFAの用語集では「ノックアウトステージ」、ノックアウト方式が多いが、過去には総当たり戦で行われたこともある)を行う。, 1998年フランス大会以降は、出場チーム数は32となっており、以下の方法で実施されている。, 各地域・大陸の出場枠数は各大陸連盟に加盟している国・地域の数と各大陸のサッカーレベルに応じて割り振られている。そのため、ワールドカップでの各大陸の国・地域の成績に応じて変動するのだが、現在は欧州、南米>北中米カリブ海、アフリカ、アジア>オセアニアと優劣が存在する。, 1998年フランス大会後、1999年7月9日にロサンゼルスで開催されたFIFA臨時総会で、アフマド・シャーAFC会長(マレーシア)が「南米は10か国しかないのに出場枠が半分の5もある。アジアは46の国と地域、人口も全人類の約半分もあるのに枠が2もしくは3しかないのは不公平だ。これが改善されないならアジアサッカー連盟(AFC)はワールドカップに参加しない」と突然発言し、AFCの協会委員が全員倣って退席した。日本には事前にこの動きは知らされておらず、この意見に同意も反対も決めずに他のアジア諸国と行動を共にした[36]。この強硬姿勢に対して南米から「南米は本大会に5か国出場して4か国がグループリーグを突破して決勝トーナメントに進出した。アジアは4か国(日本、韓国、サウジアラビア、イラン)参加して全てグループリーグで敗退した。レベルの違いを無視した要求は受け入れられない。何もアジアが無理に参加しなくてもワールドカップの競技水準は保たれる」と反論されてしまう。結局、会長や役員の妥協の産物として南米の出場枠を0.5削る代わりにアジアの出場枠を0.5増やすといった案が取り入れられたこともあった。, オセアニアに関しては、ドイツ大会では当初1枠が割り当てられることになったが、南米の出場枠が減るとしてCONMEBOLが反発したため、元の0.5枠(南米との大陸間プレーオフ)に戻ってしまった。ドイツ大会にはオーストラリアが出場した(出場権は2005年にオセアニア代表として獲得)が、オーストラリアは2006年1月1日よりAFCに転籍したため、オーストラリアの活躍(ドイツ大会ベスト16)がオセアニアではなくアジアに反映された。ドイツ大会でAFC加盟国が1つもベスト16以上に進出しなかったことにより、アジアの出場枠が4.5から3.5に減らされるところだったが、オーストラリアがAFCに転籍したことをFIFAに訴え、4.5枠の維持が決まった[37]。また、CONMEBOLにとってはあくまで妥協の段階であり、場合によっては再び出場枠の拡大を要求する可能性もあった(南米は10、オセアニアは11の国と地域)。, ゼップ・ブラッターは、2010年南アフリカ大会でのアフリカ勢の成績次第で、2014年ブラジル大会の出場枠を再検討することを示唆していたものの[37]、最終的には2010年南アフリカ大会と同じにすることが発表された。, 2015年5月30日、臨時のFIFA理事会(現FIFA評議会)で、2018年ロシア大会及び2022年カタール大会の出場枠を2014年ブラジル大会と同様のアジア「4.5」、アフリカが「5」、ヨーロッパが「13」、北中米カリブ海が「3.5」、オセアニアが「0.5」、南米が「4.5」、開催国枠が「1」(2022カタールW杯の場合は、開催国枠1+アジア4.5=5.5となる)とした[38]。0.5は、大陸間プレーオフ枠で、南アフリカ大会までどの大陸と対戦するか固定だったが、2014年ブラジル大会から大陸予選組み合わせ抽選会で大陸間プレーオフの対戦大陸を決めるようになった。, 2017年5月9日、第67回FIFAバーレーン総会で、48カ国出場になる2026年カナダ・メキシコ・アメリカ大会の出場枠をアジア「8」、アフリカが「9」、ヨーロッパが「16」、北中米カリブ海が「6」、オセアニアが「1」、南米が「6」、大陸間プレーオフ枠が「2」とすることを決定した。この大会の大陸間プレーオフから欧州以外の5大陸連盟から各1チームずつ、開催国所属大陸連盟からさらに1チームを加えた計6チームで2枠を争う。2026年カナダ・メキシコ・アメリカ大会大陸予選では、アフリカ、アジア、オセアニア、南米から各1代表、北中米カリブ海から2代表計6代表の大陸間プレーオフとなる[31]。なお、単独開催に加え、共催が正式に許可された第23回カナダ・メキシコ・アメリカ大会から単独開催はこれまで通り開催国枠で自動出場。複数の国の共催の場合は、FIFA評議会(旧FIFA理事会)で決定することになった[30]。従って、カナダ・メキシコ・アメリカの開催国枠での自動出場はまだ決まっていない(2018年7月9日時点)。, 第1回の1930年ウルグアイ大会では3位決定戦を実施していないが、FIFAはグループリーグおよび準決勝の成績を総合的に判断しアメリカ合衆国を3位、ユーゴスラビア(現:セルビア)を4位と認定している。, 1950年大会には公式の決勝戦はなかった。優勝は4チームによる決勝リーグにより決定された。しかしながら、各々2試合を終えた時点で優勝の可能性が残るブラジル(勝ち点4)とウルグアイ(勝ち点3)が最終戦で対戦するために、この試合が事実上の決勝戦として扱われる。結果はウルグアイが2対1でブラジルに勝利し、ウルグアイが優勝した。 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 開催コース 茨城ゴルフ倶楽部 西コース 茨城県つくばみらい市小島新田 (6,630 Yards/Par 72) 開催期間 5月8日~5月11日 賞金総額 12,000万円 優勝賞金 2,400万円 出場人数 120人 決勝進出順位 photo Getty Images Jクラブもサポート!クリエイティブスキルが学べる 「CREATIVE GYM」が1月開講クラスの申込受付中!, G大阪、勝利で2位フィニッシュが確定! 横浜FCのキング・カズは最年長出場記録更新, G大阪のACLと天皇杯出場が決定! 川崎F、三笘、興梠、キング・カズ…記録づくめの1日に/J1第33節, 歴代ベスト11の「バロンドール・ドリームチーム」が発表!…現役はC・ロナウド&メッシ, CLラウンド16の組み合わせが決定! 前回王者バイエルンはラツィオと、南野所属リヴァプールはライプツィヒと対戦, INAC神戸、なでしこFW岩渕真奈の英女子1部移籍を発表「私の中で今一番魅力的なリーグ」, プレミアに異変? 5季ぶりにチェルシー、リヴァプール、マンU、マンCが揃って未勝利, マラドーナ氏死去で世界衝撃、古巣ナポリ「今は涙のとき」…ペレ氏「いつか天国で一緒にサッカーを」, FIFA、男子ワールドベスト11の候補55名を発表…欧州王者バイエルンから最多11名, Jリーグ×キャプテン翼! 岬太郎が磐田、松山光が札幌、沢田タケシが浦和などなど…今季ユニ着てスマホゲームに登場, メッシ、マラドーナ氏死去に追悼「ディエゴは永遠」…C・ロナウド「無類のマジシャン」. 2014年のワールドカップではアルゼンチンを準優勝に導いたことでも知られる。 代表で指導を受けたリオネル・メッシは自身のSNSで「つらいよ。 優勝:ドイツ. 2018年ワールドカップの開催国(開催地)はロシアです。 開催国として選ばれたロシアとは、いったいどのような国なのでしょうか? 人口・面積・日本との時差なども見てみましょう! 人口:1億4,600万人(9位) 面積:1700万平方キロメートル(1位) 日本との時差:6時間日本の方が進んでいます ※ここでは首都であるモスクワとの時差を計算しています。 また、ロシアには9つの時間帯があります。面積が大きく東西に広がっているからこその特徴ですね。 その大きさから、ロシア国内でも最大9時間 … 日本 が出場4回目にして初優勝を果たし、同国代表の 杉田妃和 が大会最優秀選手に選出された。. デンソーカップチャレンジサッカー; DENSO CUP SOCCER 第15回大学日韓(韓日)定期戦; 全国高等専門学校サッカー選手権大会; 全国専門学校サッカー選手権大会; Alibaba Cloud プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ UAE 2018 [2種(高校生年代)] 高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ

リ メンバー タイム, 立川 食べ放題 ランチ, 彼氏 誕生日 驚かせ たい, 相模原市 生活保護 支給日 2020, 貞子vs伽椰子 けいぞう 死亡, Android キーボード 変更できない, 子供 弱視眼鏡 値段, み その ラーメン出前 メニュー, ご飯 洋食 レシピ, 仮面ライダー 俳優 売れない,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です