カテゴリー
未分類

ヴィヴィアン リー ルパート ファーリントン

どのような状況・環境であっても困難を乗り越え、与えられた条件の中で自己のオリジナリティを発揮して、目の前の障害をクリアする。 申亥辰 【吉凶色】   また、人の心や物事の裏を読むのが上手く、隠された事実を追い求めて推理・分析し、資料の収集と保存に特異な能力を発揮する。 それに比べて、意外と日常生活には無頓着で、目的が定まれば、それが快楽だろうと真理だろうと、なりふりかまわず目的を求めて直進し、自分なりの幸福を得ようとする気持ちが、全人生をかけた冒険に向かわせる。 【星表】 ファビオラ フォー ファー 【新作商品掲載】 フラットピュア. 本来、家庭的ではあるが、あっさりしたタイプで、かなり感覚的でロマンティストな面を持っている。 とっても美人な女優、ヴィヴィアン・リーさんの晩年はどのようなものだったのでしょうか。また、身長はどのくらいあったのでしょうか。今回は、とっても美人なヴィヴィアン・リーさんの晩年・身長・娘・孫・名言・映画まで、気になる情報をまとめてみました。 [銀色][青色][金色] ヴィヴィアン・リー( Vivien Leigh, Lady Olivier 、1913年 11月5日 - 1967年 7月8日)は、イギリスの女優。 1939年の映画『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ役と、1951年の映画『欲望という名の電車』のブランチ・デュボワ役でアカデミー主演女優賞を受賞した。 亥巳申            【星表】   [中凶色]深緑、緑、菫   1940年、「風と共に去りぬ」によりアカデミー主演女優賞。     甲丙壬 ハナト 【新作商品掲載】 オンラインショップ.   また、常に二つの相反する性質が背中合わせになっているので、とらえどころがなく、すべてが変化しやすいので、ものごとに対する執着心が薄く、その興味の対象は非常な早さで移ろってゆく。 9357 《先天命》 ザ ファーナリー、リントンの写真: Hotel building - トリップアドバイザー メンバーが投稿した写真 (3,925 件) およびザ ファーナリーの動画をチェック 孤集法占技において192:00で集団星優位 五九四 しかし、細かいところにはこだわらない。  なお、彼はヴィヴィアンの娘スザンヌとは一時期義理の父娘となったわけですが 蓄積の星のもとに生まれているので継続をすることが成功の鍵。 [深緑][赤色][橙色]  以上が、命式上におけるヴィヴィアンと親族・姻族との関係ですが レガートラルゴ ふわふわのカラーファーがオシャレでキュートな2WAY ショルダー・クラッチバッグ ピンク LR 54213 PI [ 並行輸入品 ]ビームス ライツ BEAMS LIGHTS[] / フェイクレザー クラッチBAG[] / Oso azul ウールツイードクラッチ[] / Oso azul フェイクファークラッチ[] / Anisha 刺繍 クラッチバッグ[] / … 前述の様に、年干支同士の律音・納音・大半会同様影響は大きく有りません。 【過多星】  この要素が大きい 【星表】 【数表】 孤集法占技において148:37で集団星優位 初旬(1922.11.05-1932.11.04), 【干支宮表】 [朱色][緑色][銀色]  1907年、後夫ローレンス・オリヴィエ誕生。 適応障害にならない為には、若い時に色々な経験をしておく事。 [UMa][Ple][Ach] フロータス. 自分の好きな事を自分に合った手法で出来る仕事をすると満足感が得られる。 零旬(1913.11.05-1922.11.04)[9歳0箇月運なのでこうなります], 【日干星】  表層意識 このように他に対してはかなり甘いが、自己に対してはかなり厳しいために決して責任を他に転嫁したりはしない。 2 (月**)乙=反応・変化・虚像・神秘性・母・妻・補佐役・保護・受け身 ファッションブランド買取&販売 rb-net(アールビーネット)。中央林間駅西口から徒歩約1分。高級ブランドに関わらずあらゆるファッションブランドを買い取ります。店舗にて豊富なブランドアイテムも … マイペースで生きる使命。 たとえ、打ちのめされても、落ち込んだり、みじめな状態が嫌いなので、何とか立ち直ろうと努力する。 1652  ちなみに、ガートルードは夫星皆無ですが夫アーネストも妻星皆無なので釣り合います。  なお、彼は宿命大支害を所有しています。   緻密で多角的な知性を持ち、情報を捉えるセンスと反応が早く、弁舌力と文才に優れ、サービス精神豊かにして付き合いの広い外交家で、その機知によってしばしば新しい方向性を見出す。  束縛を嫌い動くことが好きなので、野外にいることを好むが、そのようにアウトドアに生きたとしても、本質は生来の哲学者で、自由を求め高揚する精神力を持つ。      1963年、結核再発。  2015年、長女スーザン・ファーリントン昇天。, [Alt][Sgr][Ach]  【星表】 全ての人に平等に愛を注ぐ事で満足する生き方が出来る。  なお、ヴィヴィアンは母から南斗(Sgr)2個とリゲル(Rig)を遺伝しています。   ジョン・メリベール(1917.12.01-1990.02.06 男性)〇表年月干 サービス精神も豊かで、その愛嬌の良さが周囲の人々の心を和ませる。 0 (冥王星) 癸=秘密・地下・原子力・爆発・黒幕・探偵・死刑執行人 [青色][山吹][赤色] その上、お互い相手の天中殺年に生まれていません。 グラヴェール. [銀色][青色][青色] 出在法占技において213:00で現世星優位, これらをまとめると、  人間→人間→霊人→[ガートルード・ハートレー《小善業》], →傍生→傍生→傍生C【観】112点 【総合星】  潜在意識 【干支宮表】 [Veg][CrB][Cas] 没年月日 (1967年07月08日)は.  他人に対して同情心があつく、奉仕の精神と自己犠牲の心に富む。 そして、徹底した人間への探求心と、多弁では無いけれども美しく上品な会話力などを持つ。, 〔陽占の部〕  1888年、母ガートルード・ハートレー誕生。 【過多星】  この要素が大きい 「女らしくお喋りで現世的で融通無碍な平和主義者。 その背景には、ささやかな幸せを喜び、現世的な成功よりも魂の成熟や向上を楽しむという気質がある。, 〔陽占の部〕 [Den][Cap][Bet], 北方星Sgr 39点 日本人研究者3人のノーベル物理学賞受賞が話題になっていますが、みなさんは理系女子はお好きですか? 美しすぎる科学者、美しすぎる理系女子…数年前から美人な専門家に“美しすぎる”という枕詞をつける … 1 (太陽*)甲=皇帝・父・夫・権力者・支配者・中心人物・頑固・尊大 [Fom][Cap][Sir] ヴィヴィアン・リー ヴィヴィアン・リーの概要 ナビゲーションに移動検索に移動この項目では、イギリスの女優について説明しています。アメリカのフィギュアスケート選手については「ヴィヴィアン・リー (フィギュアスケート選手)」をご覧ください。 [茶色][銀色][焦茶]   とても清潔好きで芸術など美的センスに優れ、調和の精神を宿しているために、表面的には平和・柔和・温和でのんびりしていて優しく、牧歌的でありガーデニングが大好きである。      ヴィヴィアン: キャサリン・シンドル ブルック: ニッキ・スネルソン キャラハン: マイケル・ルパート セリーナ: レスリー・クリッツァー マーゴ: アナリー・アシュフォード ピラー: デクイナ・ムーア イーニッド: ナタリー・ジョイ・ジョンソン つまり、お互いが相手を居心地良いと感じます。, -------------------------------------------------------------------- 1337 "Actress Vivien Leigh, Who Achieved Fame a Scarlett O'Hara, Dies at 53. 平衡法占技において172:41で平和星優位 皆のお手本となるような恥ずかしくない生き方をするのが成功の鍵。 純濁法占技において147:45で融通星優位  そして、彼女とホルマンとの間の娘スザンヌ・ファリントンの命式は下記の通りです。 困っている人を助けて、頼りにされればされるほど大物になっていく。 "Peter Brook's Titus Andronicus, August 1955".  特に、発明・工夫や自然科学に力を発揮し、広く浅くオールラウンドにこなす多芸多才な人である。 よって、両人はヴィヴィアンが彼と離婚するまで良い関係を続けられたのでしょう。, -------------------------------------------------------------------- 〔陽占の部〕 Reg(獅子座のレグルス) [水色][朱色][黄色], 【恒星十種分類】 五七六 つまり、楽観的な心によって良い方へ良い方へと気分転換していくので、立ち上がりが人の何倍も速い。 顕密法占技において185:00で饒舌星優位 《先天命》 三九一 寅酉丑 また、官能に快い刺激を与えられるのを喜び、物欲は旺盛である。 ヴィヴィアン・リー( Vivien Leigh, Lady Olivier 、1913年 11月5日 - 1967年 7月8日)は、イギリスの女優。 1939年の映画『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ役と、1951年の映画『欲望という名の電車』のブランチ・デュボワ役でアカデミー主演女優賞を受賞した。 。『欲望という名の電車』は … 甲己戊 中央星Sgr 41点 [Den][Fom][Rig], 09壬酉七辛 9885 Sgr Ras Reg   癌星法占技において156:36で非癌星優位 ローレンスの生日干支辛未とスザンヌの生日干支辛亥が大半会しているので縁は深いほうです。 【使命星】 【数表】 中吉色[青][山吹]が有ります。 二旬(1932.11.05-1942.11.04), 【干支宮表】 〔陽占の部〕  1945年、肺結核で倒れる。  【星表】 1933年、長女スーザン・ファーリントン出産。 1940年、「風と共に去りぬ」によりアカデミー主演女優賞。 同年、ハーバート・リー・ホルマンと離婚しローレンス・オリヴィエと再婚。 1941年、帰英。 【使命星】 縦横法占技において111:81で精神星優位   [大凶色]青 [群青][菫色][黄色] "Olivier Worn Out by Love and Lust of Vivien Leigh". しかも、お互い相手の天中殺年に生まれていないのも好都合でした。 3148 リントンで3つ星ホテルを検索・予約するなら【Trip.com】!Trip.comなら、人気ホテルランキングや宿泊者のレビュー、お部屋の写真も掲載しています。安心できる日本語カスタマーサービスも充実しております。日本JPY決済も可能! よって、彼の天中殺年に結婚した弊害がもろに現象化し離婚に至りました。, -------------------------------------------------------------------- 〔陰占の部〕 本来、相当な自信の持ち主であり、その場の中心となるようなリーダーの役目がふさわしい。 [黄土][赤色][鼠色]  [中吉色]朱   1972年、父アーネスト・ハートレー昇天。 庚辛壬  [大凶色]なし [橙色][赤色][群青]   また、何ものにも溺れることのない理性を所有し、一方では夢中になりながらも、他方では常に冷静さを失わない。 丁己乙 [茶色][青色][桃色]     53年 3ヶ月. また、官能に快い刺激を与えられるのを喜び、物欲は旺盛である。 逆に、自己愛が強過ぎると孤立しやすくなるので注意する事。, 【加護星 】 牽牛(Alt)◆裏伴星 その他 ブランド・メーカー品 ツヨロン 黒影ハーネス ワンタッチバックル ツインノビロン mサイズ th-504-2nv93sv-ot-dg-m-2r23  他人からみればどんなに、充分な生活を送ろうとも、ふと我に返り、人生の大きな課題に目を向けずにいられない。        同年、母ガートルード・ハートレー昇天。 1932年法廷弁護士ハーバート・リー・ホルマンと結婚。 1933年10月12日にヴィヴィアンは一人娘スーザン・ファーリントンを出産した。 1935年映画でデビュー。 このように、毅然として理想に突き進む姿は多くの支持者を生む。 単独で出来る仕事をすると自分らしく生きる事が出来る。 【星色】 ヴィヴィアン・リー( Vivien Leigh, Lady Olivier 、1913年 11月5日 - 1967年 7月8日)は、イギリスの女優。 1939年の映画『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ役と、1951年の映画『欲望という名の電車』のブランチ・デュボワ役でアカデミー主演女優賞を受賞した。 。『欲望という名の電車』は … フォルテリール. ヴィヴィアン・リー( Vivien Leigh, Lady Olivier 、1913年11月5日 - 1967年7月8日) イギリスの女優。 1939年の映画『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ役と、1951年の映画『欲望という名の電車』のブランチ・デュボワ役でアカデミー主演女優賞を受賞した。 その背景には、一度求めたら徹底的に追求しなくてはおかない、激しくエネルギッシュな情熱が秘められている。   同上, 6 (金星*) 己=物事を覆い隠す・恋愛・芸術・音楽・怠惰・優柔不断・金銭  1959年、ジョン・メリベールと同棲。 そして、お互い相手の天中殺年に生まれていません。 五八八 どんな所にいても、いくつになっても学ぶ姿勢を持ち続ける事。 それは善悪を超えた、人間の心の深層に潜む孤独を理解するだけの透徹した知を有しているせいでもある。 [Ald][Veg][Pol] 表面穏やかでも一度目覚めると鋭い牙を立てる。 [Alt][Sgr][Ach] よって、縁は深く順縁です。  しかしスザンヌは父ハーバートとは共通干支も有りませんし 1.1 31日間無料のu-nextで映画『たそがれ清兵衛』の動画を無料視聴. なお、下記にある年表が彼女の略歴です。, 1884年、父アーネスト・ハートレー誕生。 よって、あれだけ活躍したのですから、このような寿命になるのはやむを得ません。, 【恒星十種分類】 〔陽占の部〕 【過多星】  この要素が大きい ハンウェイ. 〔陽占の部〕 49戊巳二庚 5577 Ant Ald Can, 没年 丁未六壬 4790 Alt CrA 天中殺    その上、深く強烈な情緒・情感と、精力的な忍耐力と不屈の闘志によって、自己の信念を貫き通し、徹底してエネルギーを集中させ、最後まで戦い抜く。 それと連動して、みんなから脚光を浴びたいと思う気持ちがエネルギーの源泉になっている。 生年月日 (1913年11月05日)は.  また、博識多才で、感受性が強く、細やかな愛情にあふれているが、プライバシーを重んじる傾向があり、ガードは堅い。 そういう意味ではかなり鷹揚であり、思い切りの良さは一服の清涼感を周りに感じさせる。, 9 (火星*) 壬=戦争・武器・決断力・指導力・勇気・軽率・乱暴・冒険 中吉色[朱]が有ります。   ガートルード・ハートレー(1888.12.05-1972.??.?? 中央星Sir 37点 指導力を発揮できる働き方が出来ると満足感を得られる。, 【加護星 】 【吉凶色】  [Ple][Cap][Sgr] グレイシイ. [Den][Sgr][Ras], 北方星Sgr 37点 庚壬壬 106歳 11ヶ月です! 生後. 2020年10月16日現在 ご存命ならば. 平均すると、ヴィヴィアンのパターンCとの間のパターンBとなったのも致し方無かったかと。  [小吉色]緑、金、山吹 [菫色][青色][焦茶]  なお 、彼女の後夫ローレンス・オリヴィエの命式は下記の通りです。 [Rig][Sgr][Pol] そのポテンシャルは大きく、普段は表面的には目立たず大人しいが、内面に徹底した情熱と精力を秘め、凄まじい改革力は潜行して働くために、一見柔和な人に見えるが、力を発揮するときには人格を一変させ、非凡な働きをする。  とても清潔好きで芸術など美的センスに優れ、調和の精神を宿しているために、表面的には平和・柔和・温和でのんびりしていて優しく、牧歌的でありガーデニングが大好きである。 【干支宮表】           出在法占技において156:36で現世星優位, --------------------------------------------------------------------  また、豊かな直感力と想像力を持ちながら、まわりを包み込むような優しさが多くの不幸な人の気持ちを安らがせる。 ヴィヴィアン・リーは「風と共に去りぬ」(39)、「欲望という名の電車」(51)でアカデミー主演女優賞を受賞、67年に53歳で死去している。製作はmgrフィルムズ他。誰がキャスティングされるのか注目だ。  また、頭領運があり人の上に立つ仕事が向いているが、謙虚で誠実で控えめに振る舞い、最終的にはあらゆる障害にうち勝って勝利を得る大器晩成型である。 その性格が、どのような困難にも打ち勝ち、未知の分野に先鞭をつけるフロンティアスピリットを形作っている。 《先天命》 《先天命》 戌亥子 その上、強きをくじき、弱気を助ける正義感の強さがあり、物事の白黒や善悪をハッキリつけたいという気質は相当なものである。  1989年、後夫ローレンス・オリヴィエ昇天。  [大凶色]なし 6815 4341 [肌色][山吹][鼠色] 西方星Ple 45点 シネマ365日. 中央星Cap 36点 六八四 その為には継続が必要になる。 (注:普通は小吉色・小凶色を省略しますが、中吉色・大凶色が無いので加えました) 〔陰占の部〕 29庚未九己 7760 CrB CrA 大運天中殺  六二三  ローレンスの生年干支とヴィヴィアンの生年干支が天剋地冲していますが なおかつ、お互いが相手の天中殺年に生まれていませんので順縁かつ深縁です。 9740 なお、彼とは結婚せずに事実婚で済ませたのは 8132  本来、非常に忍耐力と持久力が強く慎重なので、意志決定に時間がかかるが、一度計画実行の決心がつくと、実際的能力と不屈の意志力で物事を推しめる。 辰戌子 【吉凶色】  Cru(南十字星) 自分に対しても他人に対しても、人間として守るべき事はちゃんと守って、 1 1.映画『たそがれ清兵衛』を動画配信サービスで無料視聴する方法. イメルダ・スタウントンとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。   同上, 【総合星】  潜在意識 〔陽占の部〕 1898 ヴィヴィアン・リー Vivien Leigh 映画史上最も名高きヒロイン スカーレット・オハラを見事に演じた英国人女優 だから、本当に好きな仕事で無いとやり遂げれない。 ", and "Reviews on the Web", quoting Andrew Sarris in. ある意味、一緒に過ごしやすかったんですね。 [Ple][UMa][Cas] 3834   [中凶色]なし  【使命星】  また、オリヴィエとも32点差があるのですが [Sgr][Sir][Ant] 【特殊星】  その目は常に深遠なるものを見るているために、物質的な欲望には淡泊で、社会的な出世によっては満足が得られない。 〔陽占の部〕 純濁法占技において123:90で融通星優位 【干支宮表】 〔陰占の部〕 亥戌酉 孤集法占技において172:41で集団星優位 このように、見返りを期待しない優しさと、理想を追い求めるロマンチックな心情を有するがゆえに、ときに夢の中の住人と呼ばれることもある。 ちなみに、友達は少数の気心の知れた人だけを選び、中でも深く心の通う相手とは一生続くような付き合いをし、自分から人を裏切ることは決してない。   また、多くの人々を新天地へ導くだけの指導力や実行力があるので、立派に人の上に立てる器といえる。 巽乾法占技において110:75で情熱星優位 [金色][赤色][茶色] ", "Actors Talk About Acting: Vivien Leigh interview (1961).". むしろ八十代迄生き永らえたのが驚異です。 フワクール. 顕密法占技において192:00で饒舌星優位 【使命星】 2 (月**)乙=反応・変化・虚像・神秘性・母・妻・補佐役・保護・受け身 乙戊乙  人間→人間→霊人→[ローレンス・オリヴィエ《小善業》]→霊人→人間→傍生D【普】144点 グレーセ.  大変周囲に影響を与える度合いが高い。  1941年、帰英。 ただし、環境適応能力が低いので、生活習慣の大きな変化に注意。 逆にアーネストから観ると彼の中凶色[深緑][緑][菫]はガートルードに無く 牽牛(Alt)◆裏伴星  1982年、先夫ハーバート・ホルマン昇天。 [銀色][山吹][青色] 西方星Ple 49点 とても正直で、情があり、弱い者には非常に優しい。 9627 2011年11月13日. 眠れる獅子。 1 (太陽*)甲=皇帝・父・夫・権力者・支配者・中心人物・頑固・尊大 西方星Ple 38点   [大凶色]なし 癌星法占技において172:41で非癌星優位 リー・グラント (11) リー・トンプソン (42) リー・マーヴィン (29) リー・レミック (12) リー・ヴァン・クリーフ (19) ルイス・クー (10) ルイ・ジューヴェ (9) ルイーズ・フレッチャー (19) ルトガー・ハウアー (86) ルパート・エヴェレット (9) ルパート・グリント (137) リアルファージョッキーハット 【WHA WHA DEUX ファファドゥ】ストーン×シュガーピンク 22,500yen(税別) vaqutauxオリジナルジョッキーハット【HONEYハニー】ソークリーム(ホワイ … 【星表】 [Alt][CrB][Den] 南方星Sgr 37点 出在法占技において153:32で現世星優位, -------------------------------------------------------------------- 英語男性名のスペル(現綴り)およびカナ表記(発音)のリスト。「正式」は正式名、「短縮」は正式名の短縮形あるいは愛称です。 A スペルカナ表記備考 Aaronエアロン Abeエイブ正式:Abraham Abelエイベル Abrahamエーブラハム...,英語男性名のスペル(現綴り)およびカナ表記(発音)のリスト。 というプロフィールが浮かんできます。, -------------------------------------------------------------------- 監督 ルパート・サンダース ; 監督 ルーカス・ムーディソン; 監督 ルーベル・マムーリアン; 監督 レア・プール; 監督 レイ・エラント; 監督 レオス・カラックス; 監督 レオンティーネ・ザガン; 監督 レジス・ヴァルニエ; 監督 レット・モーゲン; 監督 レニー・ハーリン; 監督 レフ・マイエフスキ; 【使命星】 〔陰占の部〕 [菫色][青色][焦茶] その上、好奇心旺盛なので新しい知識をどんどん吸収して活用しようとし、そして敏速な思考力や推理力を働かせる。 雌雄法占技において156:36で女星優位 ヴィヴィアン・リーは「風と共に去りぬ」(39)、「欲望という名の電車」(51)でアカデミー主演女優賞を受賞、67年に53歳で死去している。製作はmgrフィルムズ他。誰がキャスティングされるのか注目だ。 サルファー: 無し : 無し ... フランクリントン: 無し : 無し: フランクリントン: 無し: 無し: ブリッジ シティ: 無し: 無し: ブルサード: 無し: 無し: ブローブリッジ: 無し: 無し: ベイカー: 無し: 無し: ベニス: 無し: 無し: ベル シャッス: 無し: 無し: ホーマ: 無し: 無し: ホワイトキャッスル: 無し: 無�   [中凶色]山吹、朱   同上, 3 (木星*)丙=信仰・公正・真理・法律・寛大・宗教・哲学・虚栄・傲慢 北斗(UMa)〇表伴星  1958年、後夫ローレンス・オリヴィエと別居。 ハーバートからは織女、北斗、リゲル、南十字星を遺伝しています。, ちなみに、中吉色が無いということは欠落星も無いという事なので 2019年11月22、23、24日に開催予定の東京コミコンにて来日したハリーポッターシリーズのロン・ウィーズリー役でおなじみの俳優ルパート・グリント。 ロンのイメージが強いルパート・グリントですが、年齢身長や出演作プロフィール、現在や彼女についてなどをまとめてみました! 寅申丑 [緑色][朱色][山吹]  【星表】 丙甲丁 東方星Sgr 39点 また、ガートルードの生月干支壬亥とアーネストの生月干支戊巳が天剋地冲しています。 五八六 1393 【吉凶色】         同年、ハーバート・ホルマンと離婚しローレンス・オリヴィエと再婚。 つまり、責任感が滅法強く、一度引き受けた事は最後まできっちりやり通そうとする。 総点数 192点, 【特殊星】  とは共通干支も無くお互いの天中殺年に相手は生まれていません。   [中吉色]緑   39己午一乙 6613 UMa Alb 大運天中天命殺    [小吉色]金、銀、菫、山吹、朱、青 最終更新 2018年12月4日 (火) 15:24 (日時は個人設定で未設定ならばutc)。; テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。; プライバシー・ポリシー  アーネストとヴィヴィアンには共通干支は有りませんが [群青][金色][黄土] [Ple][Sgr][Sgr]  母ガートルードの生日干支庚戌とヴィヴィアンの生日干支庚寅が大半会しています。 やってもらうよりも、やってあげるほうに生き甲斐を感じるので、 さらに、いくら年を取ってもいつまでも考え方や感覚が若く、とてもエネルギッシュだから、その力を充分蓄えてから表面に出すようにすると大きな効果を発揮する。  石橋を叩いて渡る慎重さと、どんな困難や辛酸にも耐え抜く強靱で並はずれた忍耐力と、誠実な責任感の強さによって、計画的に着実に目的に向かって真面目に努力を重ね、物事を進めて行く。 9638        ", Australian National Library, photographs from Australian tour, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヴィヴィアン・リー&oldid=80843936, この項目では、イギリスの女優について説明しています。アメリカのフィギュアスケート選手については「. 巽乾法占技において147:45で情熱星優位   [中吉色]青、銀、山吹、赤   辛壬癸 東方星Sgr 37点 [菫色][青色][焦茶]  スザンヌの生年干支癸酉と母ヴィヴィアンの生月干支癸戌が大支害しており スザンヌ・ファリントン(1933.10.12-2015.03.01 女性)○表年月干 Reg(獅子座のレグルス) 5926 その果敢な精神が、否定的で後ろ向きな方向に進むことを嫌い、建設的な意見を誰はばかることなくストレートに言う。, 【欠落星】  この要素が少ない 水 曜日. アーネスト・ハートレー(1884.05.25-1962.08.01 男性)◆裏年月干 Cru(南十字星) ヴィヴィアンの名前が刻まれた、1953年の日記帳。10.7センチ×7センチほどの小さなもの。 1953年といえば、すでに映画『風と共に去りぬ』と『欲望という名の電車』でふたつのオスカーを手にしていたヴィヴィアン・リーが、30代最後の年を過ごしていたとき。 享年. 【数表】 Cru(南十字星) ヴィヴィアン・リー ヴィヴィアン・リーの概要 ナビゲーションに移動検索に移動この項目では、イギリスの女優について説明しています。アメリカのフィギュアスケート選手については「ヴィヴィアン・リー (フィギュアスケート選手)」をご覧ください。 【星色】 4622 【ヴィヴィアン・ウエストウッド日本公式オンラインショップ】最新コレクションやブランドヒストリー、公式通販をお楽しみください。お財布やバッグ、アクセサリー、ウェア、オンラインショップ限定アイテムなどをお買い求めいただけます。  【星表】 《先天命》 [Cap][Fom][Fom] 壬庚丁, 【数表】 欲望という名の電車(1951年) A Streetcar Named Desire (1951) 加冠・進禄・物資・ 収財・和合・好日。 東方星Sgr 41点 総点数 185点, 【星色】   同上 ヴィヴィアン・リー さんは . 責任のある地位で部下を上手く使いこなせれば大きく成長できる。 癌星法占技において116:69で非癌星優位  ちなみに、彼女の父アーネスト・ハートレー命式は下記の通りです。 庚壬己 【干支宮表】 8435 [Alt][Sgr][Ach] さらに、記憶力が良く、物事の呑み込みは非常に早い。 それに、ことのほか同情心が厚く、人に頼られるとトコトンまで面倒をみる優しさがあり、自分が嫌なことでも、相手のためなら躊躇せずにやる。  [小凶色]青、銀、菫、赤、茶、深緑 [Ald][Alt][Bet]   [中吉色]菫、朱   2327 【干支宮表】 【加護星 】 辛甲丙 1935年、映画監督ゴッフレード・アレッサンドリーニと結婚。 1942年 、一人息子のルカを生んだ。 ルカの父親は、当時アンナが交際していた年下の俳優、マッシモ・セラートで、彼はアンナの妊娠を知ると即座に彼女と別れた。 ローレンス・オリヴィエ(1907.05.22-1989.07.11 男性)◆裏年月干 少なくとも霊格上では、この両親にしてこの娘ありですね。 1517, 【日干星】  表層意識 その素直さと純粋さによって、いくつになっても自分を変えられる柔らかな心が身上である。 特に、自分を頼って、その懐に飛び込んでくる人に対してはとことん面倒を見る親分肌である。 陰陽法占技において172:41で陰星優位 このように何事も継続することが成功の鍵なので、諦めてしまう事の無いように。  また、彼女の先夫ハーバート・ホルマンの命式は下記の通りです。  1990年、同棲相手ジョン・メリベール昇天。 ディズニー映画『シンデレラ』で知られる女優・リリー・ジェームズに不倫報道が。アンジェリーナ・ジョリー、ナタリー・ポートマン、クリステン・スチュワートらのケースでも解る、ハリウッド不倫騒動の末路とは―? [Alt][UMa][Veg] [Pol][Fom][Rig]  宿命大半会と宿命天剋地冲を同時に所有している命式です。 19辛申八丙 8738 Cap Bet 大運地中殺 【吉凶色】  縦横法占技において107:78で現実星優位  霊人→人間→霊人→[ジョン・メリベール《小善業》]→傍生→傍生→傍生C【文】105点  傍生→人間→霊人→[スザンヌ・ファリントン《小善業》]→霊人→人間→傍生B【文】090点 【数表】 その際には本人が持っている科学的な考察力や推理力が大きな武器となる。, 8 (土星*) 辛=農業・鉱業・化学・数学・薬学・物理学・忍耐・計画性 39,062日 経過. そしてホルマンとの場合は、余りに霊格の差が大きかったのが問題でした。 ハーバート・ホルマン(1900.11.03-1982.02.08 男性)〇表年月干 英語男性名のスペル(現綴り)およびカナ表記(発音)のリスト。「正式」は正式名、「短縮」は正式名の短縮形あるいは愛称です。 A スペルカナ表記備考 Aaronエアロン Abeエイブ正式:Abraham Abelエイベル Abrahamエーブラハム...,英語男性名のスペル(現綴り)およびカナ表記(発音)のリスト。 目次. 生涯学習の使命。 総点数 213点, 【使命星】 【星色】 "Golden Globe Awards won by Vivien Leigh. 7 (海王星) 庚=観念・思想・テロ・宗教・スパイ・霊感・芸術・不注意 ヴィヴィアン・リー(Vivien Leigh, Lady Olivier、1913年11月5日 - 1967年7月8日)は、イギリスの女優。1939年の映画『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ役と1951年の映画『欲望という名の電車』のブランチ・デュボワ役でアカデミー主演女優賞を受賞した。『欲望という名の電車』は、1949年にロンドンのウェスト・エンドで上演された舞台版に引き続いてリーがブランチ・デュボワを演じた作品でもある。また、1963年のブロードウェイ・シアターで上演されたミュージカル『トヴァリッチ (en:Tovarich (musical))』で、トニー賞のミュージカル主演女優賞を受賞している。二度の結婚歴と離婚歴がある。元夫の一人にローレンス・オリヴィエがいる[2]。, リーは演劇学校を最初の結婚によって辞めた後の1934年〜35年に4本の映画に出演し、その後舞台『美德の仮面』で映画プロデューサーのアレクサンダー・コルダに認められ、1937年の映画『無敵艦隊』に出演した[3]。この作品でリーの美貌が評判となったが、リー自身は容姿ばかりが注目されることが必ずしも女優としての成功につながるとは限らないことを危惧していた。映画女優として有名となったとはいえ、リーは活動の主軸を舞台においており、30年にわたる舞台女優としての活動で幅広い役柄を演じた。ノエル・カワードやジョージ・バーナード・ショウらの戯曲をはじめ、演目もコメディから古典劇、たとえばウィリアム・シェークスピアの戯曲『ハムレット』におけるオフィーリア、『アントニーとクレオパトラ』のクレオパトラ、『ロミオとジュリエット』のジュリエット、『マクベス』のマクベス夫人や、ジャン・アヌイがソフォクレスの「アンティゴネ」を翻案したアンチゴーヌなどを演じた経験がある。, リーは、当時の一般大衆からはイギリスの名優ローレンス・オリヴィエの二度目の妻としての印象を強くもたれていた。リーとオリヴィエは多くの舞台作品で共演し、映画作品でも三度共演している。リーとオリヴィエの結婚生活は1940年から1960年まで続いたが、リーは徐々に双極性障害に悩まされるようになっていった[4]。女優業を続けるのは難しいのではないかといわれ、女優としての仕事量の減少を経験した時期もあった。また、1940年代半ばごろからは慢性の結核の発作に見まわれるようになり、最終的にはこの慢性結核がリーの死因となった。1999年にアメリカン・フィルム・インスティチュートが発表した「映画スターベスト100」では女優部門の16位にリーが選ばれている。, リーは1913年11月5日に、イギリス領インド帝国ダージリンのセント・ポール・スクールの寄宿舎で生まれた。父親の英印軍騎兵隊将校アーネスト・ハートリーと母親のガートルード・メアリ・フランセスとの間に生まれた一人娘で[5][6]、ヴィヴィアン・メアリ・ハートリーと名づけられた[7]。アーネストとガートルードは1912年にロンドンのケンジントンで結婚し、その後イギリス領インド帝国に駐留していた[8]。, 1917年にアーネストはバンガロールへの転属を命じられたが、妻ガートルードと幼いヴィヴィアンをウダカマンダラムに残したままの単身赴任だった[9]。ヴィヴィアンは3歳のときに母親が加入していた素人劇団の舞台に立ち、イギリス童謡の「ちっちゃな羊飼い (en:Little Bo Peep)」を歌っている。ガートルードはヴィヴィアンに文学の教養を身につけさせようとして、アンデルセン、ルイス・キャロル、ラドヤード・キップリングといった作家たちの子供向け文学作品だけでなく、ギリシア神話やインドの民間伝承なども読み聞かせていた。6歳のときにヴィヴィアンは母ガートルードの意向でインドを離れて、それまで通っていたダージリンの学校からロンドン南西部ワンズワース区ローハンプトン (en:Roehampton) にあったカトリック女子修道院付属学校(現在のウォルディンガム女学校 (en:Woldingham School)) に転入した。この学校で知り合った友人に、後に女優となる2歳年上のモーリン・オサリヴァンがおり、ヴィヴィアンはオサリヴァンに「立派な女優」になりたいという夢を語っている[10][11]。その後ヴィヴィアンは父アーネストのヨーロッパ旅行についていくかたちで修道院付属学校を退校した。ヴィヴィアンは父に従ってヨーロッパ各地の学校を転々とし、アーネストとヴィヴィアンがイギリスに戻ったのは1931年のことだった。そして、ロンドンのウエスト・エンドで上映されていた、すでに女優としてデビューしていたオサリヴァンが出演していた映画を観たヴィヴィアンは、両親に女優になりたいという望みを告げた。ヴィヴィアンの願いを聞いたアーネストは、ヴィヴィアンをロンドンの王立演劇学校へと入学させた[12]。, ヴィヴィアンが13歳年上の法廷弁護士ハーバート・リー・ホルマンと出会ったのは1931年のことである。ハーバートは「役者」を嫌っていたが、1932年12月20日に二人は結婚し、ヴィヴィアンは王立演劇学校を退学した。そして1933年10月12日にヴィヴィアンは一人娘スーザンを出産した[13]。数十年後にスーザンは結婚し、リーの孫となる子供を三人出産している[14]。, ヴィヴィアンは友人たちの勧めで、1935年の映画作品『Things Are Looking Up』に出演し、この作品の端役で女優としてデビューした。ヴィヴィアンが契約していた代理人のジョン・グリッドンは「ヴィヴィアン・ホルマン (Vivian Holman) 」という名前が女優として相応しくないと考えた。グリッドンが考えた「エイプリル・モーン」という名前が気に入らなかったヴィヴィアンは、夫ハーバートのミドルネームの「リー」をラストネームに借用し、さらに自身のファーストネーム「ヴィヴィアン(Vivian )」の綴りの「a」を「e」に変更して「ヴィヴィアン・リー(Vivien Leigh)」という芸名を名乗ることを決めた。グリッドンはリーを映画女優として映画監督アレクサンダー・コルダに推薦したが、このときコルダはリーに将来性が欠けているとして出演を断っている[15]。1935年に舞台作品『美徳の仮面 (The Mask of Virtue)』に出演したリーは高い評価を受け、複数のインタビューや新聞記事にとりあげられた。タブロイド紙『デイリー・エクスプレス』のインタビュー記事ではリーのことを「すばやくころころと変わる表情」と表現している。この記事が、後にリーの特徴となっていく「気まぐれ」に最初に言及した公的なコメントだといわれている[16]。のちに桂冠詩人の称号を手にするイギリスの詩人ジョン・ベチェマン (en:John Betjeman) は「典型的なイングランドの少女」であるとリーのことを言い表している[17]。以前に自身が監督する映画作品へのリーの出演を断ったコルダも、開幕初日にリーが出演する『美徳の仮面』を観劇した。そしてコルダは過去の過ちを認め、リーの映画出演契約書にサインした。『美徳の仮面』はヒットを続け、コルダの計らいで規模の大きな劇場で上演されることとなった。しかしながら当時のリーの声質は大規模な劇場に適しているとはいえなかった。リーの演技は十分に観客をひきつけることが出来ず、『美徳の仮面』は間もなく終演となってしまっている[18]。, 1960年にリーはこの当時のことを回想している。デビュー間もない自分が批評家たちから高く評価され、突然有名になったことに戸惑っており「私が優れた女優だなどと無責任なことをいう批評家もいました。なんと無責任で不道徳ともいえる発言でしょう。当時の私にとってそういった言葉がどれだけ重荷で負担になったことか。耐えられませんでした。このような最初の評価になんとか応えられるようになるまで、何年もかかったのです。ほんとうに馬鹿げた話です。今でもそのときの批評家をはっきりと覚えていますし、生涯許すことはないでしょう」と語っている[19]。, 『美徳の仮面』でリーを観たイギリスの俳優ローレンス・オリヴィエはリーの演技を賞賛し、それから二人の交友が始まった。オリヴィエとリーは、初めての共演となる1937年の映画『無敵艦隊』で恋人同士を演じた。当時のリーはハーバートと結婚しており、オリヴィエも女優ジル・エズモンドと結婚していたが、オリヴィエとリーは不倫関係に陥っていった。この当時のリーはマーガレット・ミッチェルの小説『風と共に去りぬ』を読んでおり、この小説の映画化を企画していたプロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックにアメリカの代理人を通じて面会を求めている。リーはマスコミに「スカーレット・オハラを演じたい」と公言していた。イギリスの新聞「オブザーバー」の映画評論家キャロライン・アリス・レジュネ (en:C. A. Lejeune) は、当時リーが「(オリヴィエは)レット・バトラーを演じないでしょうけれど、私はスカーレット・オハラを演じることになるわ。見ていてくださいな」と言い放ったことに「皆が愕然とした」と振り返っている[20]。, 1937年にリーとオリヴィエは、デンマークのヘルシンゲルで上演される『ハムレット』で共演した。ロンドンのオールド・ヴィック・シアターが企画したこのシェークスピア原作の舞台劇でリーはオフィーリアを演じた[21]。後にオリヴィエはこのときの上演で、舞台に登場する前のリーが「気まぐれ」で起こした事件を回想している。何も怒らせるようなことをしていないにも関わらず、リーがオリヴィエに向かって怒鳴りだし、突然黙り込んだと思ったら虚空を見つめだしたことがあった。しかしながらリーは翌日には何も覚えておらず、いつもどおりに何事もなく舞台を務めあげたという。オリヴィエにとって、この出来事がリーの突拍子もない言動を目にした最初の経験となった[22]。, リーとオリヴィエは同棲をはじめたが、どちらの配偶者も離婚を拒否した。当時の道徳的見地からの非難を恐れて、映画会社は二人の関係を大衆には隠し通そうとした。私生活では問題をはらんでいたリーだったが、女優としては1938年の映画『響け凱歌』に出演し、ロバート・テイラー、ライオネル・バリモア、モーリン・オサリヴァンと共演している。この『響け凱歌』はリーの出演作品としては最初にアメリカで注目を集めた映画となった。この作品の撮影中にリーは、扱いが難しく理不尽だと囁かれるようになった。コルダはリーの代理人に対し、リーの言動が改まらないのであれば契約を更新しないと警告している。予定されていたリーの次回作は、コルダと親交があったチャールズ・ロートンが製作と主演を担当する、1938年の映画『セント・マーティンの小径 (en:Sidewalks of London)』のヒロインであるリビー役だった[23]。, 1930年代終わりごろのハリウッドは、デヴィッド・O・セルズニックが製作を決定していた映画『風と共に去りぬ』の主役スカーレット・オハラを演じる女優候補を広く募集していた。リーのアメリカ側での代理人は、セルズニックの兄マイロン (en:Myron Selznick) が経営する代理店のロンドン支社だった。1938年2月にリーは、自身がスカーレット役に選ばれる可能性があるかどうかをセルズニックに打診している。セルズニックはリーが出演した『無敵艦隊』と『響け凱歌』を同月に確認し、リーがスカーレット役に相応しいかも知れないと考えたが、「あまりにイギリス的」だったと感じたため、リーにはスカーレット役は無理だろうと判断した。しかしながらリーは、当時アメリカで映画撮影を行っていたオリヴィエを頼ってロサンゼルスへと向かい、自分こそがスカーレットだということをセルズニックに納得させようとした。リーと面会した、セルズニックの兄でオリヴィエの代理人も務めていたマイロン・セルズニックは、弟がスカーレット役の女優に求めている資質をリーが持っているのではないかという印象を受けた。ハリウッドに伝わる伝説に、スカーレット役不在のままアトランタ炎上シーンを撮影していた現場にマイロンがリーとオリヴィエを連れて行き、セルズニックにリーを紹介して「よう天才、お前のスカーレットに会わせてやるぜ」と嘯いたというものがある。いずれにせよ、セルズニックはスクリーンテストを行い、リーがカメラの前で台本を読んで見せた。リーに満足したセルズニックは妻に宛てて「彼女(リー)がスカーレット役の大穴だ。見た目も全く申し分ない。まだ誰にも言ってない、お前だけだ。(スカーレット役は)ポーレット・ゴダード、ジーン・アーサー、ジョーン・ベネット、そしてヴィヴィアン・リーに絞られた」という手紙を書いている。『風と共に去りぬ』の監督を当初任されていたジョージ・キューカーもスカーレット役にリーを抜擢することに賛同し、リーのことを「信じられないくらいに野生的だ」と評価した。そしてリーがスカーレットを演じることが正式に決定された[24]。, 『風と共に去りぬ』の撮影現場はリーにとって辛いものだった。監督のキューカーが更迭されて、代わりにヴィクター・フレミングが監督となったが、リーはフレミングとしょっちゅう仲違いを起こしていた。リーと、メラニー・ハミルトン役を演じるオリヴィア・デ・ハヴィランドは夜にこっそりと前監督のキューカーと会っており、毎週末にはキューカーから演技指導も受けていた。リーはレット・バトラー役のクラーク・ゲーブルとその妻の女優キャロル・ロンバード、デ・ハヴィランドと仲良くなっていったが、スカーレットが感情的になるシーンが多かったアシュレイ・ウィルクス役のレスリー・ハワードとは、撮影現場でも実際に激しく衝突していた。週七日間拘束されることもあったうえに撮影が夜中までかかることも珍しくなく、このような状況下でリーは疲労を重ねていった。リーはオリヴィエが恋しくなり、ニューヨークで仕事をしていたオリヴィエに長距離電話をかけて「あなた、あなた、もう演技にはうんざり!もうイヤ、イヤ、二度と映画になんか出たくない!」と愚痴をこぼしている[25]。, 2006年に出版されたオリヴィエの伝記で、『風と共に去りぬ』撮影中のリーの躁病じみた言動への苦情に対して、オリヴィア・デ・ハヴィランドがリーを弁護していたという記述がある。「ヴィヴィアンは非の打ち所がないプロフェッショナルで、『風と共に去りぬ』では完全に自己管理が出来ていました。ただし、あのときの彼女には二つの大きな悩みがあったのです。一つは(スカーレットという)きわめて難しい役を完璧に演じなければならないこと、そしてもう一つはニューヨークにいたラリー(ローレンス・オリヴィエの愛称)と離れ離れになっていたことです」とデ・ハヴィランドは語っている[26]。, 『風と共に去りぬ』は公開直後から注目され、主役のスカーレットを演じたリーは絶賛された。しかしながらリーは「私は映画スターではなく女優です。映画スター、そう映画スターなどというのは嘘だらけの暮らしでしょう。偽りの価値観と虚栄のための生き方です。(それに比べて)女優は人生すべてを費やすに値する仕事であり、いつだって素晴らしく重要な役割なのです」と語っている[27]。『風と共に去りぬ』は作品賞をはじめ10部門でアカデミー賞を受賞し、リーも主演女優賞を受賞した。さらにリーはニューヨーク映画批評家協会賞の主演女優賞も受賞している。, 1940年2月になって、オリヴィエの妻ジル・エズモンドとリーの夫ホルマンはどちらも離婚に合意した。ただし、両人共にリーとの深い交友関係はその後も生涯続いている。オリヴィエの息子タルキンの親権は母親のエズモンドが、リーの娘スーザンの親権は父親のホルマンがそれぞれ得ている。1940年8月31日にオリヴィエとリーはカリフォルニア州サンタバーバラの高級ホテルであるサン・イシドロ・ランチ (en:San Ysidro Ranch) で結婚した。結婚式には立会人として女優キャサリン・ヘプバーンと劇作家ガーソン・ケニンの二人しか招かれていない。結婚したリーはオリヴィエとの共演を望み、オリヴィエが主役の一人を演じることになっていたアルフレッド・ヒッチコックの監督作品『レベッカ』のスクリーンテストを受けた。しかしながら、スクリーンテストを確認したプロデューサーのセルズニックは「彼女(リー)には、誠実さ、若々しさ、純真さが欠けていると感じる」と判断し、監督ヒッチコックやリーの恩師ジョージ・キューカーもこの判断を支持した[28]。, セルズニックは、オリヴィエの出演が決まるまでリーが『レベッカ』に興味を示していなかったと考えており、主役の「わたし」にはジョーン・フォンテインを選んだ。さらにセルズニックは、リーがオリヴィエとの共演を望んだ『高慢と偏見』でも、リーではなくグリア・ガースンを起用した。また、1940年の映画『哀愁』はリーとオリヴィエの共演が予定されていたが、セルズニックはオリヴィエを外して、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの看板スターで、当時人気絶頂だったロバート・テイラーを起用している。この映画にかけられた莫大な宣伝費用は主役を演じたリーのハリウッドでの地位を示すもので、『哀愁』は観客からも批評家たちからも高評価を得た[29]。, 結婚後、映画での共演はなかなか果たせなかったリーとオリヴィエだが、舞台ではブロードウェイで1940年5月に上演された『ロミオとジュリエット』で共演している。しかしながらこの作品に対する評価は散々なものだった。ニューヨーク・プレス紙は、リーとオリヴィエの関係が不倫から始まったことを指摘し、母国イギリスが第二次世界大戦を戦っている最中であるにも関わらず、二人がイギリスに戻って戦争に協力しないことに対する道徳心の欠如を疑問視する記事を掲載している。ニューヨーク・タイムズの映画評論家ブルックス・アトキンソン (en:Brooks Atkinson) は「リーとオリヴィエの容姿は端麗かもしれないが、演技は全くなっていない」と批判している[30]。二人に対する非難はほとんどがオリヴィエの演技や演出に対するものだったが、バーナード・グラバニーのように「リーの発声は薄っぺらく、店の売り子並みの質しかない」とリーを酷評する批評家もいた。「二人はこの舞台(『ロミオとジュリエット』)にほとんど全財産をつぎ込んだために、破産寸前となってしまった」ともいわれている[31]。, 1941年の映画『美女ありき』で、オリヴィエはイギリス海軍提督ホレーショ・ネルソン役、リーはその愛人エマ・ハミルトン役として共演した。当時のアメリカは未だ第二次世界大戦には参戦しておらず、この『美女ありき』は当時ドイツに対して苦戦を続けていたイギリスに対するアメリカの大衆の関心を惹く目的で製作されたハリウッド映画の一つだった。『美女ありき』はアメリカでヒットし、ソビエト連邦でも非常に大きな成功を収めた。当時のイギリス首相ウィンストン・チャーチルは『美女ありき』の上映会を企画し、アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトら厳選した招待客に向かって「みなさん、この映画を楽しんでいただけることと思います。この映画は、現在あなたたちが直面している大きな出来事ととてもよく似ていますから」とスピーチしている。チャーチルはオリヴィエのことを気に入っており、生涯を通じて夕食に招待したり、行事への参加を依頼したりする間柄だった。チャーチルはリーのことも「本当に彼女は素晴らしい」と評していた[32]。, その後オリヴィエはイギリスに戻り、リーは単独で1943年に北アフリカのイギリス軍を慰問した。北アフリカ各地を回ったが、その後しばらくしてから咳と発熱のために慰問の中断を余儀なくされている。1944年にリーは左肺が結核に罹患していると診断され、数週間の入院生活を送った。『シーザーとクレオパトラ』(1945年)の撮影中に妊娠していることが判明したが、このときリーは流産してしまった。流産にひどく落ち込んだリーは自身が泣き疲れ果てて床に崩れ落ちるまで、オリヴィエに怒鳴り散らし、殴りかかった。これが、その後リーが長く苦しむことになる双極性障害の最初の大きな発作となった。リーは非常に深く落ち込んだかと思うと、数日間は異常なまでに活動的になった。落ち込んでいるときのことは何も覚えておらず、リーはそんな自分にひどい困惑を感じていたといわれている[33]。, 1946年には演技が出来るまでにリーの病状が回復した。劇作家ソーントン・ワイルダー原作の戯曲『危機一髪 (en:The Skin of Our Teeth)』は好評だったが、この前後の時期にリーが出演した『シーザーとクレオパトラ』(1945年)と『アンナ・カレニナ』(1948年)は大きな成功を収めたとはいえない。, 1947年にオリヴィエがナイト爵を受け、バッキンガム宮殿で開催された叙任式にはリーとオリヴィエの二人で出席した。リーもナイト爵士夫人として「レディ」の称号を許された。後に二人は離婚しているが慣例に従ってリーに「レディ」の称号は残されており、リーは公式の場ではヴィヴィアン・レディ・オリヴィエとして知られるようになっている。, 1948年ごろにはオリヴィエがオールド・ヴィック・シアターの重役の一人となり、劇場の運営資金を得るためにオーストラリアとニュージーランド各地で六カ月間にわたる巡業を開始した。オリヴィエはシェークスピアの戯曲『リチャード三世』で主役を演じたほか、リチャード・ブリンズリー・シェリダンの戯曲『悪口学校 (en:The School for Scandal)』や『危機一髪』ではリーと共演で舞台をつとている。この巡業は非常に大きな成功を収めた。巡業中のリーは不眠症に悩まされており、体調が悪かったときには一週間代役が立てられたこともあったが、自身に任せられた役割はなんとかこなしていた。オリヴィエはリーの「マスコミを魅了する」能力に賛辞をよせている。ただし、この巡業に参加した団員たちが当時のことを振り返り、リーとオリヴィエの間には何度か諍いがあり、ニュージーランドのクライストチャーチでの上演でリーが舞台に上がることを拒否した事件がとくに印象的だったと語っている。このときオリヴィエはリーの顔を平手打ちし、リーもオリヴィエに平手打ちを返した。そして最終的にリーがステージに上がる直前までオリヴィエに毒舌を浴びせ続けた。巡業の終わりごろには両者共に消耗しきっており、体調を崩していた。オリヴィエはマスコミに対して「知らないかもしれないけれど、今あなたは歩く死人二人に話しかけているんだよ」と語りかけている。後にオリヴィエは、オーストラリアで「ヴィヴィアンを失った」とコメントしている[34]。, オーストラリアとニュージーランドでの巡業公演の大成功に気をよくしたオリヴィエは、ロンドンのウエスト・エンドにおけるリーとの初の舞台共演を行った。このときの演目は、今まで共演した作品のほかに古代ギリシアの悲劇作家ソフォクレスの『アンティゴネー』も上演されている。これはリーが悲劇を演じたいと希望したためでもあった。, リーは、テネシー・ウィリアムズが書き、ウエスト・エンドで上演されることになっていた戯曲『欲望という名の電車』の主役ブランチ・デュボア役を欲した。原作者のウィリアムズと舞台プロデューサーのアイリーン・メイヤー・セルズニック (en:Irene Mayer Selznick) は、リーが出演した舞台『悪口学校』と『アンティゴネー』を観て、リーをブランチ・デュボア役に起用することを決めた。さらにオリヴィエも舞台監督として『欲望という名の電車』に参加することが決まった。陵辱シーンがあり、さらに乱交、同性愛への言及といった刺激的な内容を持つこの作品は大きな論争の的となり、マスコミもこの役を演じることがリーの精神状態を悪化させるのではないかと懸念していた。しかしながらリーはこのブランチ・デュボアは自身のキャリアにおいて非常に重要な役どころとなると固く信じていた。, ウエスト・エンドでの舞台劇『欲望という名の電車』は1949年に開幕した。劇作家J・B・プリーストリーはこの作品自体とリーの演技を激しく非難している。また、以前からリーの舞台を酷評することが多かった演劇評論家ケネス・タイナン (en:Kenneth Tynan) も[35]、リーはひどいミスキャストであり、その理由として「このような(荒々しく粗野な)感情を舞台で表現するには、イギリス人俳優は上品に過ぎる」とコメントしている。オリヴィエとリーは、この作品が好色で扇情的な舞台になるに違いないと考えた観客が大量に詰め掛け、その結果として興行収入が上がったことについて遺憾の意を示している。しかしながらこの作品には熱心な支持者も多く[36]、ノエル・カワードはリーのことを「最高だ」と評している[37]。, ウエスト・エンドでの舞台『欲望という名の電車』は326回に及ぶ公演を重ねて幕を閉じ、その後すぐに映画化が決まった『欲望という名の電車』へのリーの出演が決まった。リーの傲岸さと、ときに下品なユーモアセンスを気に入った共演者のマーロン・ブランドとの仲は良好だったが、リーのことを一流の女優だとは認めていなかった監督のエリア・カザンとの関係はぎくしゃくしていた。後に「彼女(リー)の才能は微々たるものだった」とコメントしたこともあるカザンだったが、撮影が進むにつれてリーが「自身が知るどの女優よりも優れた演技を見せると固く心に決めた。彼女(リー)はもし演技に必要であれば、砕けたガラスの上に這いつくばる覚悟だった」と「大いなる賞賛」を与えている。それでもリーはこの映画のブランチ・デュボア役を演じることに疲れ果てており、ロサンゼルス・タイムズ紙に「私は劇場で九カ月間ブランチ・デュボアを演じていました。それが今では彼女(ブランチ)が私を牛耳っています」と語っている[38]。この作品の撮影中はオリヴィエもリーと共にハリウッドに滞在しており、ウィリアム・ワイラー監督作品『黄昏』に出演し、ジェニファー・ジョーンズと共演している。, 映画版『欲望という名の電車』は高く評価され、リーは二度目となるアカデミー主演女優賞と英国アカデミー最優秀英国女優賞、ニューヨーク映画批評家協会主演女優賞を受賞した。原作者テネシー・ウィリアムスはリーがブランチ・デュボアに「私が意図したあらゆるもの、そして私が夢にも思わなかった多くのもの」をもたらしてくれたと感謝を表しているが、後年にリーはブランチ・デュボアを演じたことは「倒れそうで、気が狂わんばかりだった」と振り返っている[39]。, 1951年にリーとオリヴィエはシェークスピアの戯曲『アントニーとクレオパトラ』とバーナード・ショーの戯曲『シーザーとクレオパトラ』で共演し、リーはどちらの作品でもクレオパトラを演じた。日替わりで上演された両作品は好評を博した。リーとオリヴィエはこれらの舞台をニューヨークでも上演することを決め、1952年のシーズンにブロードウェイのジークフェルド・シアター (en:Ziegfeld Theatre) で開幕した。ニューヨークでの公演も概ね好評だったが、評論家ケネス・タイナンは、リーが二流の才能をしかもっていないせいで、オリヴィエの才能まで貶められてしまっていると激しく非難した。タイナンの痛烈な批判はリーの精神状態に大きな傷を与えた。リーは失敗に怯え、素晴らしい演技をすることだけに汲々となってしまった。リーはタイナンの批判のみを思い悩み、他の批評家からの好意的な評価は頭から消え去っていた[40]。, 1953年1月にリーは、ピーター・フィンチと共演する『巨象の道』の撮影のためにセイロンを訪れた。しかしながら、撮影開始後間もなくしてリーが神経症の発作を起こしたために、製作会社のパラマウント映画はリーを降板させ、代役にエリザベス・テイラーを起用した。オリヴィエはイギリスの自宅にリーを連れ戻したが、リーの精神状態は混乱しており、オリヴィエに向かってフィンチが好きになった、肉体関係を持ってしまったと繰り返した。その後、リーの状態は数カ月をかけて徐々にではあるが安定していったとはいえ、『巨象の道』の降板を巡る一連の騒動のためにオリヴィエの友人たちがリーが問題を抱えていることを知った。デヴィッド・ニーヴンはリーが「完全に、本当に完全に狂っていた」と語り、ノエル・カワードは日記に「事態は最悪だ。(リーは)1948年あたりからどんどんおかしくなっていった」と驚きをもって記している[41]。リーとフィンチの不倫は1948年に始まり、波はあったが数年間関係が続いていた。そしてリーの精神状態の悪化によって自然消滅していた[42]。, 1953年にはリーの精神状態は安定し、舞台作品『眠りの森の王子 (en:The Sleeping Prince (play))』でオリヴィエと共演した。1955年のシーズンには二人でストラトフォード=アポン=エイヴォンでシェークスピアの戯曲『十二夜』、『マクベス』、『タイタス・アンドロニカス』に出演している。どの公演も満員になり高い評価を得て、リーの精神状態も安定しているように見えていた。『十二夜』の舞台監督ジョン・ギールグッドは当時「……たぶん、私はこの舞台を成功させることが出来るのだろう。彼(オリヴィエ)が可愛い奥方(リー)- 彼女は彼よりも聡明だが、生まれながらの女優というわけではない - の小心さと精神の安定に気を配ってくれるのであればだが。彼はあまりに自信満々だが……、彼女は何事に対してもまったく自信が持てていない。演技が過剰でないかどうかを恐れ、行き過ぎたともいえる準備なしには何もできないと思い込んでいる」と記している[43]。リーは1955年にアナトール・リトヴァクが監督する映画作品『愛情は深い海のごとく』に出演した。この作品の共演者ケネス・モアは、撮影の間中リーとの相性の悪さを感じていた[44]。, 1956年にリーは、ノエル・カワードの戯曲『サウス・シー・バブル (en:South Sea Bubble (play))』の主役を演じる予定だったが、妊娠していることが判明して役を降板した。折しもオリヴィエが『王子と踊り子』で共演するマリリン・モンローをロンドンのヒースロー空港で夫婦そろって出迎えた際に発表されたため、リーの虚言ではないかと一部で囁かれた。リーは身重の体でスタジオに顔を見せていたが、数週間後に流産し、数ヶ月にわたる鬱期に入ってしまった。リーはヨーロッパ各地で『タイタス・アンドロニカス』を巡業上演するオリヴィエと合流したが、この巡業はオリヴィエや一座の団員に対する、リーの絶え間ない暴言のために悲惨なものとなった。一座はロンドンへと戻り、未だにリーに大きな影響力を持っていた前夫ホルマンが、リーが落ち着くまでオリヴィエに協力して面倒を見た。, 1958年にはリーとオリヴィエの結婚生活は破綻していた。リーは自身の精神状態を理解していた俳優ジョン・メリヴェールと関係を持つようになり、メリヴェールもリーの面倒を見ていくことをオリヴィエに約束した。1959年にリーはノエル・カワードの喜劇『Look After Lulu』に出演し、高く評価された。タイムズ紙はリーを「美しく、快いまでに無愛想だ。彼女はどの場面でも女王のように舞台を支配していた」と評している[45]。, 1960年にリーとオリヴィエは正式に離婚した。その後まもなくオリヴィエは20歳以上年下の女優ジョーン・プロウライトと三度目の結婚をしている。オリヴィエの伝記作家は、オリヴィエがリーの病気のために何年も精神的に追い詰められていたとしている。「いつも彼女(リー)は躁鬱という不気味で恐ろしい怪物を飼っており、極めて危険で張り詰めた精神状態を繰り返していた。彼女は独特の抜け目のなさを備えていて、ほとんどの人間に対しては自分の精神状態をうまく隠していた。だけど私に対しては別だった。私が彼女に辛く当たることは考えてもいなかっただろうから[4]」。, メリヴェールはリーの精神状態に好影響を与えることができ、リーも安らいだ暮らしを送っていたが、アメリカのジャーナリストのラディ・ハリス (en:Radie Harris) に「ラリー(オリヴィエ)と一緒にいた時間はあっという間でしたけれど、彼のいない今の暮らしはなんと長く感じることでしょう」と漏らしている[46]。リーの最初の夫であるホルマンも、かなりの時間をリーのために費やしていた。メリヴェールは、1961年7月から1962年5月にかけてオーストラリア、ニュージーランド、中南米を回るリーの巡業に同行している。相手役オリヴィエのいない舞台だったが、この巡業は好評価を得てリーを安心させた。相変わらず鬱の発作に悩まされていたとはいえリーは舞台活動を続け、1963年にはブロードウェイ・シアターで上演されたミュージカル『トヴァリッチ (en:Tovarich (musical))』で、ジャン・ピエール・オーモンらと共演しトニー賞のミュージカル主演女優賞を受賞した。映画作品では、1961年の『ローマの哀愁』、1965年の『愚か者の船』に出演している。, リーは1967年5月に、マイケル・レッドグレイヴと共演するエドワード・オールビーの戯曲『デリケート・バランス (en:A Delicate Balance (play))』のために舞台稽古を開始したが、結核が再発してしまった[47]。リーは数週間の休養をとって回復したかのようにみえた。1967年7月7日の夜にメリヴェールは舞台に出演するためにリーを残して自宅を出て、公演を終えたメリヴェールが帰宅した深夜にはすでにリーは寝室で眠りについていた。そして、およそ30分後に寝室に入ったメリヴェールが、床に崩れ落ちて死亡しているリーを発見した。リーはおそらくトイレに行こうとしてベッドから起き上がったときに死亡したとみられ、その肺には大量の血がたまっていた[48]。メリヴェールは、前立腺癌の治療で近くの病院に入院していたオリヴィエに連絡をとった。すぐさまリーとメリヴェールの自宅へと向かったオリヴィエは、リーをベッドに横たえようとしているメリヴェールの姿を見たときに、その自叙伝で「このうえなく悲痛」な気持ちになったと記している。オリヴィエは「その場に立ち尽くし、かつて私たちの間で起こってしまった数々の諍いごとに対して許しを乞うた」[49]。リーの公式死亡記録には7月8日と記載されているが、7月7日を死亡日としている資料もある。, リーはロンドンのゴルダーズ・グリーン (en:Golders Green Crematorium) で荼毘に付され、その遺灰はリーの希望でイングランド南東部にあたるイースト・サセックスのブラックボーイズ近くにあるティッカレジ・ミル湖に撒かれた。そして追悼式がロンドンのセント・マーティン=イン=ザ=フィールズ教会 (en:St Martin-in-the-Fields) で挙行され、リーに捧げる追悼文を名優ジョン・ギールグッドが読み上げている。アメリカでも南カリフォルニア大学がリーを「南カリフォルニア大学図書館の擁護者」の最初の女優として顕彰し、出演した映画から集めたリーのフィルムを上映する追悼式を開いた。この追悼式にはジョージ・キューカーら、生前のリーとつながりのあった人々から言葉が寄せられた[50]。, リーは当時もっとも容貌が美しい女優の一人だとみなされており、監督たちはリーの美しさを強調するような作品を撮った。その美しさが逆に真剣な演技の妨げになるのではないかと尋ねられたリーは、「そのようなことはまったくの筋違いであって、あなたは演技がどういうものかをおそらく分かっていないのでしょう。私は演技を真剣に考えています。もし自分とは似ても似つかない役を演じることになって、その役柄に相応しい容貌になりたいと望むことでもあれば、美貌が不利な条件となることがあるかも知れません」と応えている[19]。, 映画監督のジョージ・キューカーは「完璧な女優。美しさが邪魔をしているくらい」とリーを評し[51]、ローレンス・オリヴィエは「彼女(リー)を女優として正当に評価すべきだ。彼女が持つあまりの美しさのせいで批評家たちの判断はすっかり歪められてしまっている」と批評家たちに苦言を呈している[52]。劇作家ガーソン・ケニンも同様の考えを持っており、リーのことを「あまりに美しく魅力的な女性は、女優として圧倒的な成果を挙げたとしても目立たなくなってしまう。とてつもない美貌を持つ女優が役者として大成することは滅多にない。美しい女優はそれだけで売り物になるからだ。だがヴィヴィアンは違う。意欲があって不屈の精神をもち、真剣に演技に取り組んでいる。見事なまでに素晴らしい」と表現している[53]。, リーは「できる限りさまざまな役」を演じたいと考えており、自身の能力に対する不安感を払いのけるためにさまざまな研鑽を積んでいた。リーは演劇のなかで喜劇がもっとも難しいと信じていた。それはリーが、喜劇には極めて正確なタイミングでの演技とコメディに相応しい大げさな台詞回しが要求されると考えていたためだった。リーのキャリア後期では、ノエル・カワードの喜劇からシェークスピアの悲劇まで幅広い役柄を演じきっている。リーは「人を笑わせるよりも泣かせることのほうが遥かに簡単」と考えていた[19]。, リーはそのキャリア初期から母国イギリスでは高く評価されていたが、世界的にみると『風と共に去りぬ』の大ヒットまではほぼ無名の女優だった。1939年12月にニューヨーク・タイムズが「リーが演じるスカーレットの不条理な言動が、間接的にリーの演技力を見せつけたといえる。彼女はまさにこの役を演じるために生まれてきた女優であり、他の女優がこの役を演じることなど想像もできない」という記事を掲せている[54]。リーの人気は高くなっていき、スカーレットに扮したリーの写真がタイムズの表紙を飾っている。映画批評家アンドリュー・サリスは、1969年に『風と共に去りぬ』の成功はリーをスカーレット役に抜擢するという「素晴らしい配役」によるところが大きいとしており[55]、1998年にも「彼女(リー)は我々の心の中に生き続けている。動かない存在としてではなく、生き生きとして活力に満ちた女優として我々の記憶に残っている」と記している[56]。アメリカの映画批評家レオナルド・マーティン (en:Leonard Maltin) は1998年に、『風と共に去りぬ』は映画史上もっとも素晴らしい作品の一つであり、リーが「この上ない演技」でスカーレットを演じたと評している[57]。, リーが舞台版の『欲望という名の電車』でみせた演技は、イギリスの作家フィリス・ハートノール (en:Phyllis Hartnoll) が「これまでのリーの演技のなかでも、女優としてのもっとも優れた力量を見せつけた」とし、リーがイギリスの劇場にもっとも相応しい女優の一人であったことが、長きにわたって語り継がれるだろうと評価している[58]。アメリカの映画批評家ポーリン・ケイルは、リーが舞台版に続いて主役を演じた映画版の『欲望という名の電車』でのリーとマーロン・ブランドの演技を「これまで上映された映画の中でもっとも素晴らしい」とし、リーについて「心の底からの恐怖心と哀れみをかきたてる稀に見る演技」だったとしている[59]。, ケネス・タイナンは、1955年の舞台作品『タイタス・アンドロニカス』でオリヴィエ演じるタイタス・アンドロニカスの娘役ラヴィニアを演じたリーの演技を酷評し「夫を殺されてその死体の上で陵辱されると知らされたときのラヴィニア(リー)の表情は、(夫の死体の上で陵辱されるのではなく)発泡ゴムの上にしてくれないかしらと軽く苛立っているようなものだ」とコメントした[60]。タイナンは1955年の舞台作品『マクベス』でマクベス夫人役を演じたリーの役に対する解釈を否定的に評価した批評家の一人で、リーの演技が貧弱であり、レディ・マクベス役に必要な激情に欠けていると評した。しかしながらタイナンはリーの死後に、批評家としてのキャリア初期の自分の批評が「あまりにもひどい間違いだった」と前言を撤回している。タイナンは、リーのマクベス夫人役に対する解釈がマクベスを魅了する性的魅力にあふれたもので「それまで演じられていた傲慢で気性の激しいマクベス夫人よりも、より説得力を感じさせられる」と考えるようになっていった。リーの死後間もなくしてから演劇批評家たちを対象とした調査が行われ、複数の批評家がリーのマクベス夫人の演技を、舞台で成し遂げられたもっとも優れた演技だったと称している[61]。, リーが死去して二年後の1969年に、「俳優たちの教会」として知られるロンドンのコヴェント・ガーデン広場にあるセント・ポール教会 (en:St Paul's, Covent Garden) に、リーを記念する飾り額が設置された。1985年にリーの切手が、アルフレッド・ヒッチコック、チャーリー・チャップリン、ピーター・セラーズ、デヴィッド・ニーヴンとともに、「イギリス映画年」の記念切手として発行された[62]。また、2013年4月にもリーの生誕100周年のイギリスの記念切手が発行されている。王族以外の人物がイギリスの切手の図案に複数回採用されるのは稀なことだった。, 1999年にロンドンの大英図書館が、ローレンス・オリヴィエが暮らしていた邸宅から紙の資料を買い取った。「ローレンス・オリヴィエ文書 (The Laurence Olivier Archive)」として知られるこのコレクションには、リーがオリヴィエに送った大量の手紙など、リーに関する記録も多く含まれている。また、リーの手紙、写真、契約書、日記などを、リーの娘であるスーザン・ファーリントンが保管している。1994年にオーストラリア国立図書館が、「L & V O」というイニシャルが入った写真アルバムを購入した。このアルバムはオリヴィエとリーの夫妻が所有していたと考えられており、1948年にオーストラリアを巡業したときの二人の写真573枚が収められていた。後にこのアルバムはオーストラリアの演劇の歴史的資料の一つとして扱われるようになった[63]。2013年にヴィヴィアン・リーの書簡、日記、写真、解説が付けられた映画、舞台台本、そして生涯に獲得した多くの賞品などの一大コレクションを、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館が購入している[64]。, en:Vivien Leigh chronology of stage and film performances, https://www.jiji.com/jc/d4?p=oms012-000_SAPA990705713060&d=d4_ent, "Vivien Leigh's parents and extended family.

名古屋大学 オープンキャンパス 2020, ホットケーキミックス バナナ マフィン, ボルト 名言 英語, Ips細胞 再生医療 問題点, ぷよぷよeスポーツ フィーバー ルール, ベース チューニング 種類, 竜の道 ネタバレ 7, 熱田 イオン フロア マップ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です